Page: 1/75   >>
「俺たちバブル入行組」での半澤直樹氏への疑問

読みましたよ!半澤直樹!

で、疑問


○粉飾決算で東田社長が横領?

西日本スチールの下請会社である竹下金属からの仕入れと
竹下金属の西日本スチールへの売上に差異があり、

その差額を東田社長がちょろまかしてたという設定だが、
私の知識では具体的にどうやったのか?さっぱり分からない。

普通、売り上げた立つと、それぞれ【同額】の
【売掛金】→【請求書発行】→【入金】→【領収書発行】となるのは、どんな商売でも同じだと思うが、
ここで、ちょろまかそうと思うと【売掛金】か【請求書】か【入金】か【領収書】のどれかの金額が違わないとちょろまかせない。

しかし、そのどれもが竹下金属と【合意】でやらなければ達成できない。
しかし、この竹下金属のおっさんは全然知らんと言い張るのである。w

ではでは、東田社長が単独でちょろまかすことができるのであろうか?

可能性を考える。


1.竹下金属の口座を分けて西日本スチールが振り込む

決算の書類では何処の口座に振り込んでいるかは細かく出てこない。

ちょろまかす分のニセの竹下金属の法人名義口座を勝手に作り、振り込む。
若しくは竹下金属社長名?若しくは証券会社?東田個人名?にして振り込ませる。
しかし、竹下金属名義の口座は勝手に作れない(作れるがかなり面倒だし、すぐバレる)
他の銀行取引は、かなり不自然なので、主力行や税務署にバレて、不正が発覚する。


2.手形と振込に分けて支払いさせる。

振込はどこに振り込んだのか証拠が残るので、東田の分は手形にする。
手形の取立は銀行に頼まないといけないので、取り立て後の入金先を東田の口座にすると、いずれにしてもバレる
民間に割引いてもらうという手もあるが、割引料は高い。
竹下金属の領収書も必要になる。


3.現金取引する

現金取引して、東田の分と仕入れ分と分ける。
領収書を発行するので、差異が出ない。
つうか何千万も現金取引できませんw

4.水増し請求する。

水増し請求しても請求金額=売上となるので、
仕入れと売上には差異が生じないので不可。

結局どれも出来ないって事になっちゃうんだけど、
一番可能性があるのは4で、下請会社から使途不明金か使途秘匿金扱いで東田に渡すと言うものですが、
使途不明金でも領収書が貰えないだけで、用途は書かねばならず、課税対象となります。
使途秘匿金は用途は書かないで良いですが、89%の税金がかかるので、ほぼ同額の税金を払わないといけません。

いずれにしてもバレるか、損しますw

私の足らぬ頭で考えても、どうしても分からん。

もしかして、半沢に騙されてる???w

それなら

「やられたら、倍返しだ!」w

まぁそんなこと考えないでも面白いんだけどねw
| 反庵 | 07:47 | comments(0) | - |
昨日、山で
昨日は紀泉峠から槇尾山施福寺まで
凡そ16キロの行程を走ったり、歩いたり、休んだり、ヘコタレたり、バテたり、
して楽しんだ。

朝7時から登る山はさぞかし気持いいだろうと皆さんお思いでしょう。
そう、空気は澄んでいて、これから暑くなるであろう空気は未だ涼しく、
山はあくまで青く、里を下に見ながら登る山はサイコー!だと・・・・

おかしいなと思ったのは登り始めてからは、そうかからなかった。
山道なので、道の両側は草むらである。。
登っていると、その草むらから、トンボの羽音のような
「かさかさぶぉうん」という音が聞こえてきた。
さて、トンボが草にでも引っかかったかなと思いながらも、しばらく行くと
右から「かさかさぶぉうん」
左から「かさかさぶぉうん」と音がする。
これはオカシイ

急ぎ登りながらも右と左の「かさかさぶぉうん」は途切れること無く
まるで私の登るのに合わせるように「かさかさぶぉうん」「かさかさぶぉうん」と
草むらから音を立てる。
少し気味悪いなと思っていると、「かさかさぶぉうん」と同時に何かが体に当たった。
よく見るとセミだ!
草むらからセミが「かさかさぶぉうん」「かさかさぶぉうん」とまるで湧いて出るが如く
私に体当たりしてくるのだ!
多分夜のうちに草むらで羽化したセミが朝になって飛び立つのだろう。
私の足音でそれが少し早まったに違いない。
そう思っても、足を進める度に「かさかさぶぉうん」は不気味でもあるし、体に当たってくるのは鬱陶しい
「もうやめて〜」
と叫びながら早朝の山中を駆ける45才さそり座男子も些か不気味だがw

さて山中の敵はセミだけではない。
いやセミなどは敵には当たらないだろう。
本当の敵は「あぶ」と「ぶよ」である
特に今回はアブ殿が大発生していたらしく、
山中の下りの階段を下りると、その段の一つ一つにアブ殿がござる。
ひとつひとつの階段に鎮座ましますアブ殿は、
ご丁寧に私に挨拶に来られるので、丁寧に追い返すのに一苦労である。
止まっていると腕や足に止まろうとされるので、右足、左足、右腕、左腕を狂ったように動かすしか術が無い。
階段を駆け下りながら狂ったように手足を動かす45才さそり座男子は、随分と残念な感じである。

階段を下り終え、手足をバタつかせるのにも疲れたので、補給食を取り出そうと先のベンチにザックを降ろすと、
何処にいたのか、たちまちアブ殿は、すわとばかりに現れ、右腕や左腕やと忙しい限りで、
対応する私も、またもやキ○ガイの様に変なタコ踊りを山中で披露することになり、
「もうやめて〜」
と黄色い声を出してもひとり・・・・・・・w

そして終には右手にチクリとアブ殿が

「ぴぎゃ〜〜〜〜〜〜!!sふぇうさpadんbf~~~~~!!!」

ナムサン

皆々様、くれぐれも夏の山中はお気をつけあそばせ。
| 反庵 | 08:41 | comments(0) | - |
山中渓〜みさき公園の山行してきました〜
 山中渓〜みさき公園の山行してきました〜

7:20 JR山中渓駅
出発!元気元気!

7:50頃 第二パノラマ
〜 第一パノラマ 

ここで休憩を入れます
前日呑み過ぎたのか(家呑みですがw)、熱中症になりかけたのか、
汗がボトボト出て止まらず、しんどくて動けなくなりました。
ここで2キロ強しか進んでませんが、バテバテです。
20分ほど第一パノラマにある団体写真用のような台の上で、がっくりとうなだれて、敗戦ボクサーのように座り込んでました。

下りるか、先に行くか。

ここで下りると今来た道を帰るので楽ちんです。
1時間もあれば十分に下りることができ、駅もすぐそこにあります。
しかし、今日一日パァになります。

先に行くならば、早くとも13時まで里に出ることがありません。
そして先のルートにはエスケープルートが少なく、何かあっても楽に里に下りることができません。

比較的楽な道ではありますが、先に行くか休みながら考えます。

十分に時間があること、水も行動食も全然使ってないこと、天候も比較的良いこと。
そう考えて、先に進みました。


〜 雲山峰
09:50 井関峠
ベンチに座ります
疲れてます
しんどいです
ここで早くもセコンドワンのレモン味を投入です
だって疲れてるんだもんw
蠅だか、アブだか、蜂だか、ブヨだか知らないけどブンブンうるさいです。
誰も居ない山中で「ああ、もう!うっさい!」と至極お怒りですw

〜 籤法ヶ嶽(東)
〜 籤法ヶ嶽(西)

10:10 大福山
すみません。何の感慨もなくスルーですw
途中でカラスがカァーカァーうるさいので、鳴きマネして暇つぶししてましたw

11:02 奥辺峠
山道の向こうから話し声がします。
典型的な大阪のおっちゃんの声で、ガハガハ笑いながら、凡そ一方的に話しているのが聞こてきます。
奥辺峠に着くと、やはりベンチにおよそ山登りっぽくない格好をしたおっちゃんと、それに捕まったであろう人の良さそうな兄ちゃんが相対して座ってます。
団扇で仰ぎながら、ちらと目をやって私を見ながら、
「あんたどこまで行くんや?」
きました。
いきなりツレのようなしゃべり。
少し休憩も兼ねてベンチに座りました。
「みさき公園まで行こうと思って」
結構先なので、少しは驚くかと思いましたが、眉を動かすこともなく、事も無さげに
「ああ、じゃあまず札立山まで40分くらいやな」
「そうですね」
「そのあと、飯盛山まで1時間強」
「はいはい、そうですね」(地図を見ながら)
「あんた走りはるんか?」
「ちょこっとだけですけどね」(ニッコリ)
「そうか、あんたの足なら1時間くらいやな」
「ほう、そうですか」
「その後は…2時間くらいや」
「ほう…(地図をみながら)なるほど…」
「…」
「…」
会話が切れたみたいw
「なるほど良くわかりました!では行ってきます!」
山に行くと時々訊いても無いのに教えて頂けるオヂサマがいらっしゃりますが、そうゆう時は逆らわずに教えて頂きますw


11:09 見返り山
ここらだたと思いますが、おっちゃん二人、おばちゃん二人がベンチに座っていました。
お弁当を広げて、ビールを呑んでいる!!!
「こんにちは〜」と挨拶して横を通り過ぎると
「あ、俺知ってるで、【とれいるらんな〜】ってやつやな」
「私、それ最近良く見るわ〜。 六甲山でも見たし〜」
とオバケか何かみたいに言われましたw

11:31 札立山

途中で水が無くなりました・・・・・・・
バックパックに山中渓駅で買った500mlのお茶がありますが、
これはあくまで非常用にとっておかなければ!
ということで省エネ登山。
決して走らず、上りも心拍数を見ながら、上がり過ぎたら心拍数が落ちてくるまで休憩します。

12:21 泉南飯盛山
来ました飯盛山
と、看板が…
「工事のため、みさき公園駅方面には下りられません」
え?
え〜っ!?
絶句・・・・・・・・
旦那!それはねぇでげしょう!
わっしゃ折角ここまで来たんですぜ!
ここに来て下りられないとは殺生というものや!
一番近いエスケープルートでも2時間掛かります。
しかも和歌山方面に下りることになり、帰宅は更に遅くなる…

決めました。

強行突破

工事が何かしりませんが、私はみさき公園駅に行きます!
なんか文句あるか!
こちとら毎日工事現場に手直しに行くような仕事してんだ!
現場を素通りするなんざ、屁の河童さ!
文句あるなら国交省に言いな!
貴重な大阪府民のレクリエーションを奪って置いて社会奉仕もないもんだ!
ああ、俺は通るね。
断然通っちゃうもんねだ!

ということでズンズン進みましたが、
この道6月の中旬から通行不可になっていたらしく、道に草がボーボーw
足元に絡みつき、道が見えませんw

こりゃあブヨに刺されるな と思いましたが、全然平気w
なんなんでしょうか?ブヨに嫌われる体質?それとも刺されても平気な体質?

13:40 みさき公園駅
無事強行突破成功! 良い子は真似しないで下さいw

さて、今回の山行ですが、少し荒れた道もあり、水も無くなったり、人が通らない路であり、呑気に独行するには少しリスクがあったようです。
ダイヤモンドトレイルの様に整備されている道で、尚且つ人が多く通る道なら安全と言えますが、あまり人気のない山を走るのは十分な準備が必要と感じました。
日常に帰ってきてこそ楽しめるというものですからね。

| 反庵 | 14:17 | comments(2) | - |
第13回白馬国際トレイルランにエントリーしました!
 第13回白馬国際トレイルランにエントリーしました!

いよいよ 50キロのロングが来ます!

日本のシャモニーと言われる絶景の中、走り切ります!

以前に
『来年の第3回白馬国際トレイルランに出場します!
今年の走り(歩き?)があまりに酷かったので、
一年間意識して練習してみます』

って言ったのでw

一年間それなりに徐々に積み上げて来ましたが、ここで集大成です。

今までの実績

(済)2012年10月21日 【05時間07分】(30km)(累積標高差 1364m)第6回生駒チャレンジ登山大会(トレイルラン) 
(済)2013年02月02日 【02時間00分】(?km)(累積標高差 1350m?)東京タワー階段RUN2時間 9往復 
(済)2013年02月17日 【05時間15分】(42.195km)第5回徳島・海陽究極の清流 海部川風流マラソン 
(済)2013年03月03日 【04時間41分】(42.195km)第33回篠山ABCマラソン大会 
(欠)2013年04月14日 【  病欠   】(30km)(累積標高差 2000m) ハセツネ30K 
(済)2013年04月21日 【04時間46分】(42.195km)第33回かすみがうらマラソン大会 
(済)2013年04月29日 【 57分25秒】 (10km) 堺シティマラソン
(済)2013年05月04日 【10時間49分】(70km)(累積標高差 2160m) 第25回山口100萩往還マラニック   【死亡】 
(欠)2013年05月26日 【エントリーミス?】(ハーフ)第49回越前大野名水マラソン
(済)2013年05月26日 【03時間13分】(15km)(累積標高差 1532m)ダイヤモンドトレイル自主練(二上山〜葛城山)
(済)2013年06月02日 【06時間57分】(30km)(累積標高差 1887m) 第4回富士忍野高原トレイルレース 【死亡】

これからの積み上げ

○2013年06月22日 ダイトレ自主練(紀見峠〜葛城山)
○2013年07月13日 ダイトレ自主練
○2013年07月27日 ウォリアーダッシュ  
○2013年08月  京都一周orダイトレ自主練

そして

コレ →  ◎2013年09月15日 (50km)(累積標高差 2600m) 第3回白馬国際トレイルラン  【極楽往生】

もちろん、その後も次回に繋げるべく

☓2013年10月6日 (50km)(累積標高差 m) 斑尾高原トレイルランニングレース2013  【極楽往生】
○2013年10月13日 (71.5km)(累積標高差 4,832m) 第21回ハセツネCUP  【極楽往生】

?2013年10月20日(30km)(累積標高差 1364m)第7回生駒チャレンジ登山大会(トレイルラン) 
(落)2013年10月27日 (42.195km)第3回大阪マラソン
?2013年11月17日 (42.195km)第3回神戸マラソン

そして来年も!

?2014年02月16日? (42.195km) 京都マラソン
?2014年02月24日? (42.195km) 東京マラソン

?2014年04月25日? (80km) STY
?2014年07月12日? (100km) OSJおんたけウルトラトレイル100K
?2014年09月03日?(100km) OSJ八ヶ岳スーパートレイル100マイルレース

さらに再来年とかw

?2015年04月24日? (160km) UTMF  とかw

その次あるのか?

?20??年08月25日? (160km) UTMB  とかw

| 反庵 | 12:54 | comments(0) | - |
昨日ジョグ
 これからのトレランを乗り切るべく、
萩往還でも思い知った登坂力の無さをカバーすべく、
先日の独り梅田ブラブラの時に買ってしまった新CW-Xを試すべく、
前日3時まで飲んでいたにも関わらず、
片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず、
近所をお散歩がてらにジョギングしてきました。

試すのは
「CW-X ジェネレーターモデル ハーフ 」
太腿と尻の筋肉をサポートするハーフパンツのスポーツタイツ!

少し二日酔いが懸念されるものの
萩往還での体のダメージが気になるものの
「試したい!」の思いが抑えきれず
だるい体を叩き起こして出発。

昨日は晴天だったので、日中は暑かろうと4時半に出ましたが、
でもまだ暑い・・・・・・
でも、まぁあ20キロ程度の予定だったので、何も持たずに大丈夫だろうと。
250円と一応Pitapaだけ持って出かけました。

最初は快調♪
結構足が出る感じなのにしっかりサポートしているなぁ。
特に腰がサポートされて所謂「腰が落ちる」走り方にならないみたい。

4キロほど走った所で、かなり暑いことに気づく。
100円で500mlのスポーツドリンクを買ってボトルポーチに入れる。

ん〜ちょっと足が重いかな?
ロードだけど、結構上り下りの坂が続くので足への負担は大きいかな?
でも、トレラン程では無いし、平気!平気!

しかし、異変は15キロに訪れる。
なんか変だ。
体が重い。
足が前に出ない。
同じ所で足踏みしている気がする。
目の前の道が、とても遠く感じられる。

いや、70キロに比べたらマシでしょ?
あの道のりも超えてきたんだから大丈夫!

言い聞かせたけど、ダメだった。

足が止まった。

18キロしか走ってないのに2時間かかってる・・・・・・

CW-Xが悪いのか?
萩往還のダメージがまだ残っているのか?
昨日(今朝?)の深酒が祟ったのか?
それらの複合技か?

そこからはトボトボ3キロ歩いて、近くの駅に行きました。
そして電車に乗って家の近くの駅へ

【スイい】臭いをまき散らしながら、
半袖、半パン、ふくらはぎサポーター、ボトルポーチをつけたバリバリ走るカッコで、
夜6時半のベッドタウンに向かう通勤電車・・・・・・・
汗でベタベタなので、座ることもできない、窓ガラスに映る中年ランナー

物悲しい夕刻でした・・・・・・・orz

でもPITAPA持ってきて良かったw
予見してたのかなぁ

今日も体が重い〜〜〜〜〜〜〜
| 反庵 | 22:16 | comments(2) | - |
トレランポール所持考

前回、ハセツネ30kの為にトレランポールを買いました!
が、我がバックパックの「ルーファス」には入りきりません。
尚且つ、取り付ける所も無いのです。

これには困りました。
理想は、サッと取り出せて、サッとしまえる。
スッとしたイメージ。

でもそんなものはどこにもない・・・・・・・・・・・・・・

そこで、自作しました!w

ショルダーベルトにゴム紐を輪にしたものを取り付け、そのゴムにコードストッパーを付け、
ウエストベルトには、布製のペットボトルホルダーを縫込み完成!
下のペットボトルホルダーでトレランポールの先っちょを受け、上のゴム紐でトレランポールの柄を留める。
彼の人が言うように、全部100円ショップで部品を集めましたw
(案外100円ショップは部品集めには便利)

これがナカナカ良くできている。w
今回のようなマラニックでは、ロードも多く、かと言ってトレイルが無いわけでもない。
ロードの時はポールは要らないし(むしろ邪魔)、トレイルでは勿論必要となる。

そんな時!
バックパックを下ろす手間なく
トレランポールを取り出せる!
尚且つ走りながらでも仕舞うことができる!

トレランポールって手に持って走っても良いですが、
やはり邪魔だし、重いんですよね
持ってないほうが格段に良い!

そこで自作した、この「タナカシステム」wは秀逸!
出す時はサッと出し、Zポールなので、
シャキーン!シャキーン!とカッコイイw
しまう時は多少もたつきますが、バックパック下ろすより全然手間取らない!

そして何より手に持たずに走れる!

ああ素晴らしきかな人生!w

登坂能力に欠ける私にはトレランポールは必須です。

そう断言できるほど、今回は役立ちました。
萩往還70kでは、トレランポールを持ち合わせない人が大半でした。
しかし、誰が何て言おうと、私は坂を登るトレイルがあるのなら、持っていきます。

故にトレランポール所持考は重要なのです!
| 反庵 | 22:18 | comments(0) | - |
萩往還70kに行ってきました

行って来ました萩往還70k
5月4日の朝6時スタートなので、当然前乗り
バリバリGW真っ只中!5月3日の朝5時出発!
ええ車ですよ。
新幹線なんか全然取れません
ましてや親子3人並んだ席なら尚更

渋滞を避ける為に早めに出たつもりが、何の事はない早くも摂津で渋滞・・・・・・orz
延々と宝塚抜けるまで中国道は渋滞でございます。

やっと抜けたと思えば、ノロノロ運転、そして岡山で、福山で、広島で渋滞でございます。

で、山口に着いたのは14時半・・・・・・

当然その日は宿に行って、温泉入って終了でございます。
次の日が早いので、9時と早めに寝ました。

当日起きたのが3時半
何かと心配症でございますので、早めに起きてしまいます。
起きてすぐ、昨日買ったおにぎり2個とカステラ2個をスポーツドリンクで流し込み、
バックパックに様々詰めて、もちろんハイドレーションも1.5リットルほど入れて、Zポールのトレランポールも持って
朝5時に湯田温泉の宿を一人車で発。

5時10分ぐらいに指定の県庁駐車場着
車の中で、エネルギーゼリー、ウィグライとコムレケアを飲みます。
(どこまで心配症やねんw でも一応ハンガーノックにならないように肝臓にグリコーゲン貯めとかにゃあw)

車を置いて、折り返し地点で受け取れる荷物を預けて、スタート地点に向かいます。

スタート地点では、これから70キロ完踏しようという変態ばかりw

番号をチェックしてもらい、50人くらい?ずつのウェーブスタート

「抑えて行かにゃあ いかん 抑えていかにゃ いかん」
と呟きながら、しかし、どこまで抑えりゃ良いのかも分からずw
3キロほどロードを走って、石畳の登り坂へ差し掛かり、渋滞へ
早速、持ってきた「BlackDiamond UltraDistance」のトレランポールを颯爽と取り出します。

萩往還は歴史的にも有名な道のようで、ハイキングコースのように整備されています。
所々石畳で整備されているのですが、これが走りにくいw
ポールは弾くし、足は取られるしでw
特に下りでは滑り止めの意味もあるのでしょうが、逆に滑るのではないかとヒヤヒヤ
駆け下りるのが好きな私は、かなり苦労しました。

長文になってきたんで、細かいところは他の方に任せるとしてw、

大体は、ロード6割、トレイル4割ってとこですか

折り返しまでの行きはかなり下りが多いような気がしますね。
しかし、後でgarmin君で見てみると、ガッと登って、ダラダラ下り
逆に帰りは、ダラダラ登って、ガッと下り、ですw
(ほぼ行きは6キロまではガン上り、以降ダラダラ下り、帰りは逆)

折り返し地点の「陶芸の村公園」でチェックを受けて弁当をもらって、着替えたりしましたが、
結構足に余裕があるなぁと思って、座って飯を食ってると、
今来たダラダラ下りは、これからダラダラ上りになるのだなぁと思いを馳せてしまい、
かなり気が萎えて、足が重くなったことは秘密ですw

エイドは
・佐々並 : 「佐々並豆腐」 →スポーツドリンク飲んだ。豆腐食べた。
・明木 : 「飲料・饅頭」  →スポーツドリンク飲んだ。饅頭2個食べた。(美味)
・「旧村田蒲鉾店」 : 「飲料」 →コップが無かったのでスルー
・陶芸の村公園 : 「むすび弁当」(折り返し)  →ハイドレーションに水を1リットルほど補給&おむすび2個食べた。
・「旧村田蒲鉾店」 : 「飲料」 →コップが無かったのでスルー
・明木 : 「飲料・饅頭」  →スポーツドリンク飲んだのみ。
・佐々並 : 「佐々並豆腐」 →スポーツドリンク飲んだのみ。
・「夏木原」 : 「飲料」 →コーラ貰った!(美味)

でした。

飲めるものは飲みましたが、基本的に「自前コップ」が必要です。
もちろんエコを意識してのことで、良いことです。
紙コップも少し置いていましたが、自前コップを忘れた私にとっては、ナカナカ貰いにくいw
エイドでの補給だけでは足りない!
しかし、背中のハイドレーションから水を摂ったので水に不便はありませんでした。
水は少しづつ摂ったほうが良いので、私みたいにすぐに喉が乾く人はハイドレーションが必須と思います。

エイド以外に
「炎熱タブレット」20個ほど、「ワンセコンド」8個、「ウィグライ」2包、「コムレケア」1包を摂りました。
結構摂ってます。 ハンガーノック防止と痙攣防止の塩分摂取はしっかり摂ります。

はっきり言って、後半は殆ど歩いていた感がありますが、
のこり何分ペースで歩けば間に合うのかとか、走らないと間に合わないのかとか、そんな残り時間の勘定(?)ばかりしてましたw
夏木原のエイドで「ああ残り7キロかぁ」と思っていたところ、
エイドの人に「残り4キロだよん」と言われた時の嬉しさw
思わず何度も聞き返しましたw

だって70kだから70キロと思うじゃんw
実際はgarmin君で「67.48km」、iphoneで「67.18km」だったので、少し短かったかな?

しかしゴールしたときは感動です!
10時間48分(昼食休憩含む)!

「ああ、終わったんだ」という安堵感と、
「ああ、やりとげたんだ!」という達成感と
大丈夫かな?という自分を信じ切れなかった気持ちと
まぁなんとかなるさという楽観的だった気持ちと
いろんな気持ちが交錯しましたが、

【完踏】はやはり良いものです。

エイドも少なく、標識も最小限で、最近の「マラソン大会」と比べれば、手作り感が濃い大会でしたが、
それも【萩往還】という志士たちが行き来した道を【旅】することの一部と思えば、
【山口】から【萩】へ行くことの困難さ、【萩】から【山口】へ帰ることの苦しさが当時を偲ばせ、
自分ですべて用意する「マラソン」と「ピクニック」を合わせた「マラニック」という旨も趣深く感じることができます。

ちなみに、70キロの上には【140キロ】と【250キロ】のクラスがありますw

え?来年は140キロに参加するか?って?

時薬に任せますw
| 反庵 | 22:48 | comments(0) | - |
萩往還70Kへ

ついに参加します!
萩往還です!
数年前からエントリーし続けてましたが、その度に用事ができて出場出来ませんでした。
去年は祖母の27回忌
覚えてないものですね。 うっかりしてました

今年は良いのか悪いのか、何も用事がなく出場決定!
しかも5月4日の山口は晴れ!
予想最高気温20℃、最低気温12℃!

しかし、70kmという距離は未体験
「マラニック」という「マラソン」と「ピクニック」を合わせたという、ゆる〜い大会で、
制限時間も12時間なので、あまり心配はしてませんが、悔いの無いように、しっかり準備しないと!

ってことで、まず目標は完踏!です。

準備を怠れば、私の脚力では、完踏は危うい・・・・・
準備に万全に!と思えば思うほど悩んでしまう・・・・・・・・・・w

エイドは

・佐々並 : 「佐々並豆腐」
・明木 : 「飲料・饅頭」
・「旧村田蒲鉾店」 : 「飲料」
・陶芸の村公園 : 「むすび弁当」(折り返し)

の往復で帰りに「夏木原」を加えて8箇所

ぜって〜水足りなくね?

「ピクニック」でも累積標高差2160mだよ!
最高気温20℃だよ!
晴れだよ!
エイド間10キロだよ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これはハイドレーション必要でしょ!
でも、結構ロードが多いらしく、自販機、コンビニも使って良い事になっているので
ボトルホルダー付きのウエストポーチか、
ハイドレーション付きのバックパックか・・・・・・

悩む・・・・・・・・・・
いろいろネットで見てると、ボトルポーチで十分だとか結構出てくるし・・・・・・・・
左手にボトルポーチ、右手にハイドレーション持って何日も悩みましたが、
アカン子の私は結論が出ず・・・・・・・両方持って行きます!w

ってことで、何事にも優柔不断な私は、準備するものをリストにして用意しました〜
ほんまピクニックか!w


萩往還マラニック 準備物

【往路】

・半袖ランシャツ
・アンダータイツ
・ふくらはぎサポーター
・アームウォーマー
・ランパン
・五指ソックス
・キャップ(往復両用)
・バックパック
・ハイドレーション・システム
・塩熱タブレット(12個 30分あたり1個)
・エネルギージェル(6個 1時間あたり1個)
・ウィグライ
・iPhone
・GARMIN 910TXJ
・ハートレイトモニター
・ロキソニン
・足ツリ防止薬(コムレケア)
・ストック ← これも持っていくか悩んだ。 挙句、不安なので持っていくw
・コード付きヘッドフォン
・コースマップ
・コイン 2000円分 = 500円X4枚

※雨ポンチョ
※ウィンドブレーカー上下
(天候状況によって)

【復路】(陶芸の村公園で荷物を受取る)

・靴下
・塩熱タブレット(12個 30分あたり1個見当)
・エネルギージェル(6個 1時間あたり1個)
・タオル
・着替え 半袖ランシャツ
・ミネラルウォーター500ml
・カットバン10枚
・復路用のトレランシューズ
・着替入れ用防水袋
・Bluetoothヘッドフォン
・ジップロック
・iPhone用バッテリー、コード

[その他持参物]
・エントリはがき
・朝食用 おにぎり2個+カステラ3切れ+オレンジジュース1杯
・免許証コピー
・保険証コピー
・日焼け止め
 
帰宅時用の着替え
・スポーツタオル
・着替え上下
・Tシャツ
・下着
・靴下
・履き替え用の靴
・デイバッグ(上記を詰め込む)

荷物パンパンですw
| 反庵 | 12:35 | comments(2) | - |
十人並み
人と比べれば比べるほど自分は大したことがないなぁとつくづく思う。

マラソンにしたってサブ4狙ってるわけでもないし、
少しでも速くは成りたいと思ってはいるが十人並みだし。

しかし、そんな私でも、まだまだやれると思っているし、頑張れば伸びると思っている。
だから練習するし、練習をすればする程
もしかしたら!?と期待に胸膨らましたりしてレースに参加したりするのだ。

自分には可能性があるし、まだまだ老け込むには早いとも思っている。
いや正直に言うと老け込んだりなんかしちゃいないし、
微塵も老け込むなんて単語を受け入れちゃいない。

しかし、先日懇意にしてもらっている人と話していると
「僕には時間がないんだよ。だから急がなくちゃ。」
という言葉に出会った。

何気無い言葉に私は、それとは分からずかなり衝撃を受けた。

時間がない?
人生における時間が不足している?
そんなことは更々思ったことがなかった。
自分の人生が有限であることは理解していたものの、目の前の事実と受け取っていなかった。
だから衝撃を受けたのだ。
それとは知らず、自分は生き続け、老いる事なく行き続けるのだと感じているのだ。

私も急がねばならないかも知れない。
「時間がない」
と思う時期は、すぐそこにあるかもしれない。
焦っても事は成さないが、急がねばならないかもしれない。

今出来ることをコツコツとやり続けよう。

一歩でも前に進もう。

心の火を灯し続けよう。

やりたいことをやろう。

倒れるまでが人生じゃないか?
| 反庵 | 00:38 | comments(0) | - |
歯列矯正始めました
 歯列矯正を始めました!
って「冷麺はじめました!かき氷はじめました!」ではないが、
歯列矯正を始めたのである。

元来、あたしゃ笑顔を見せることが出来ない程の乱杭歯でコンプレックスを持っていましたが
これで解消!となれば良いですね

さて、歯列矯正と言えば、メジャーなのは歯の表面にブラケットを付け、ワイヤーを通す方式です。
御多分に漏れず、私もこの方式。
メタルのこの方式は早く終ることができるメリットがあるらしい。
況してや私のガチャガチャの歯では早く終わるほうが望ましい

でも一つ不安が・・・・
ガチャガチャの歯にガチャガチャと器具を付けると虫歯になりやすいのでは?
歯列矯正が終了して万歳三唱の果てに虫歯だらけ!ではシャレにならん。

而して、ブラケット&ワイヤーの歯列矯正の歯に自らなってみて判明したことは、

【メシを食えば必ず詰まる!】

のである。

歯と歯の間に挟まる。
ブラケットとワイヤーと歯の間に挟まる
ブラケットに引っかかっている
ワイヤーに引っかかっている

兎に角、食う度に何かの間に詰まる!!!

ので、
今までにコツコツ用意したのは

仝腔内洗浄機 : Panasonic ジェットウォッシャーEW1250P
∋ブラシ : デンターシステマ コンパクトヘッド
デンタルリンス : ガムアドバンスケア デンタルリンス
せ磨き粉 : クリニカアドバンテージ
ヅ兎飴ブラシ : ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ
歯垢染色 : こどもハミガキ上手 いちご味

これから用意するのは
Ц腔内洗浄機 : Panasonic ジェットウォッシャー  EW-DJ40

これで万全!
と思う。

まず,世韻任盖佑泙辰真べかすを強力に除去してくれる。
△濃周ポケットでの歯垢の除去
で歯肉の炎症を抑える
い鉢イ濃の表面のプラークを抑える(フッ素入りで歯を守る)
Δ濃垢除去の確認(しかもいちご味w)

外出した時はГ濃を磨けなくても食べかす除去ね
これだけでも大分違うのではないかなぁと思う。
あとは月に二度の歯医者でのクリーニング&調整で正しい処置か判明するけどね

綺麗な歯並び目指してレッツラゴー
| 反庵 | 23:11 | comments(0) | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛

Recommend

Recommend

Recommend

富の独裁者
富の独裁者 (JUGEMレビュー »)
エイミー・チュア

Recommend

Recommend

ジョグノート

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode