Page: 1/13   >>
関東営業所
 関東営業所の人が亡くなった



5年ほど前、大手の会社を製造部長まで勤め上げ、60歳で定年退職し、技術営業としてうちに来てくれた人だった。

不器用だけど、正義感があって、製品に真っ直ぐな思いを持った人だった。

「僕は技術一本で来た人間なので、営業は上手く出来ません。でも一生懸命仕事させて頂きます」

綺麗とは言いがたいが、ガハハと笑う彼の笑顔は素敵だった。



慣れないながらも客先をまわり、積極的に工事を取ってきた。

特に技術面でフォローを入れ、お客さんの部署をドンドン回って、工事の前段取はキッチリしていた。

しかし、少しの嫌味も無く、お客さんの会社のことも、うちの会社のことも親身に考える人だった。

そんな彼なので、お客さんの信頼も厚く、携帯電話もよく鳴っていた。



昨年肺がんを患って、入院したが、奇跡的に放射線治療が効いて、良くなって退院した。

その時は「良くなってよかったね」と彼が好きなチューハイを酌み交わした。



そして現場に復帰して、またバリバリ回り始めた。



しかし、そんなに経たないうちに脳に腫瘍ができた。



入退院を繰り返しながら、良くなってきたとのことで復帰してもらった。

会った時、今度も放射線治療が効いたと言いながら、手術と抗癌剤でツルツルになった頭を見せながら、ガハハと彼は笑っていた。



またしばらくして、今度は腰が痛いと、入退院を繰り返していたので嫌な感じはしていたが、

それでも携帯電話でお客さんのフォローと工程の確認をしっかりこなす彼を応援するつもりで、在籍してもらっていた。

腰の痛みは腰椎の中にできた腫瘍だった。

それが神経を圧迫し、腰の痛みを生み出し、ついには下半身が動かなくなってきた。



そんな中でお客様から表彰を受けた。

私は非常に嬉しかった。

うちの会社始まって以来の表彰だった。



うちの製品が品質に優れ、厳しい納期を守ったからだということだったが、

彼が腰痛を訴える前に取った工事で、病床からも彼が調整を図っていた工事だった。



私は、賞状のコピーを額に入れて、東京に行き、彼のベッドに持って行った。

彼は思いの外喜んでくれて、会社の名誉を自分の事のように喜んでくれた。



あれから一ヶ月半経った今日、彼が亡くなった。



非常に残念な思いだ。



わたしも彼のように一生懸命生きたい。



明日東京に行き、明後日彼に会いに行きます。


| 反庵 | 18:26 | comments(1) | - |
交渉術
某お会社様と最近取引があり、営業ついでにお話をとお伺いしました。
担当者さんとお話することがあり、名刺を交換すると、購買の担当を紹介していただけるとのこと。
で、出てこられたのが、三人。
部長代理、セクションマネージャー、担当部長。
さて、誰が一番偉いのでしょうか?
というなぞなぞかと思いきや、どうも弊社の見積書の書き方に関するクレームらしく、書き換えてくれとのこと。

まぁ見積書は弊社のものなので、何やかやと言われる筋合いがはないのだが、
どうもお会社様としては社内で通らないらしい。
理由などは、ここで書くことは差し控えるが、どう考えてもおかしく、
今後のこともあるので、応じられませんと言うと、

「そんなこと言う業者さんはオタクが初めてだ」

との御言葉。

畏まりながら、私も一言
「有難うございます。何事も初めてと言うのは良いことですね。」
と返すと、

皆、ダンマリとなりました。

そもそも「皆○○やってますよ」とか「普通は○○ですよ」とかいうのが、大嫌いで、「じゃあ皆って誰よ!」とか「普通って何じゃ?」とか思ってしまう質なので、かなり生意気言います。
ちょいとした恫喝では逆効果w

結局は双方収まりつくようにしましたが、交渉の仕方を考えさせられました。
オールドタイプな交渉術はやはりオールドタイプと認識すべきですね
| 反庵 | 22:11 | comments(0) | - |
チャレンジ
私に勤めている業界は古い
何が古いかといえば「人」だ

例えば現場などは熟練が必要な仕事ではあるのだが、
そこは熟練工がのさばってしまうと発展がない
新しい工夫も無いし、苦しみながら仕事をすることがない
過去の成功体験に邪魔されて旧態依然な仕事ぶりになり、
それとは気付かぬ内に事業がカビ臭くなってしまう

だから若い人にドンドン任せればいいと思う
苦しんで失敗しても負けたと思わなければ負けないのだ
そこから新しい工夫が出て、突飛ながらも目覚ましものが出てくる可能性がある。
勿論、相談役的な存在は必要だが、あくまで相談役だ

経営も新しい頭が必要だ
温故知新、守破離の精神を大切にしながら、業界にない新しい発想で日々変わって行かなければ時代の潮流に流され、カビ臭いモノは泡と消えて行くのだ

業界の上場会社でも面白い発想のところはあるが、
それは余りに苦し紛れで、余力のない中で、最後のマジックを信じているようなものだ。
余力のある内にチャレンジしないと、博打になってしまう。
だから、若い人の日頃のチャレンジが必要なのだ。
毎日生まれ変わる自分で無ければと思うのだ。
惰眠を貪っても一日
カリカリ働いても一日
作業だけで仕事しなくても一日
一時間を、一日を、一年を、重ねたものを、人は人生と呼ぶのだ
友人が昨日言っていた

「チャレンジで失うモノはない。
失敗して表面的に失ったように見えてもゼロに戻るだけだ。
だからチャレンジしない方が損なのだ。」
| 反庵 | 12:41 | comments(0) | - |
明日から仕事
 明日から仕事です。

一年の計を職場で話します。
話すことは決まっています。

「品質を上げること」と「新しい事を始めること」

目新しいことでは無く、
つまりは「守破離」なのでしょうが、
愚直にそれを続けることが必要かと思います。

会社には色々な人が居ます。
お金のためだけにいる人。
造ることが好きな人。
なんとなく居る人。

ある瞬間には会社に嫌気がさし、
ある瞬間には会社を誇らしく思い、
ある瞬間には会社に貢献している喜びを感じる。

そんな感情の中で、皆働き、会社は回っているのだと思います。

だれもが自分の方向を定められるものではないと感じます。
できれば方向を指し示して欲しい、その方が楽だと思うのでしょう。

だから、上に立つものは、それぞれの感情に沿った、
時代にフィットしつつも普遍的である方向性を指し示す必要があると思います。

明日から仕事です。

その方向性を指し示すべく、理解してもらえる文章を今から練ります。
| 反庵 | 10:18 | comments(0) | - |
店じまいしたとか
今日、仕事をやって貰ってた会社が閉めたという話を聞いた。


業種は別ですが溶接をを主にやっている会社で、特殊技術もあったりして

特にウチの下請けじゃないんですが、時々仕事を頼んだりしてました。

  

最近は加工単価が安いので、中国の人とかを雇入れて、事務所に部屋を設けて住んで貰ってたりしてたとか。


世知辛いねぇと思うと同時に会社なんて、吹けば飛ぶようなもんなんだと改めて思う。

 

地固めをしつつ、0になったつもりで、0にしないつもりで、

 

冒険をしつつ、石橋を叩いて、

 

自分しかできないと思いつつ、自分だけではできないと自覚して、

 

自分の愚かさを反省しつつ、今まで見てきた愚かさに習わず

 

矛盾を抱えつつ、情熱を持って、前に進むしか無いですな。

 

凡庸なる自分と世のすべての凡庸なる人々の為に


| 反庵 | 21:47 | comments(0) | - |
二極的発想
仕事が良い時には、更に良い時と悪い時のことを考える。

悪い時には、更に悪い時と良い時のことを考える。

どうにも病気になりそうな発想だが、経営には必要なのだそうだ。

良い時に溺れることなく、悪い時に悲観することなく。


「陽の極みに陰を見る。陰の極みに陽を見る。」


会社のデスクの脇に掛かっている言葉である。
| 反庵 | 18:51 | comments(0) | - |
言葉というモノ

ウチの会社は「中小企業」である。
いわゆる「ベンチャー」では無い

では、そもそも「ベンチャー」というものは何かということになるが、
実のところ、私にも良くわかっていない

ので、

WIKIに依ると

ベンチャー とは、ベンチャー企業、ベンチャービジネスの略であり、新技術や高度な知識を軸に、大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開する中小企業を指す。

となっている。

つまり、中小企業の中でも
「新技術」、「高度な知識」、「創造的」、「革新的」
であるものを指すのである。

しかるにウチの会社が「ベンチャーでない」と私が言ったところで、
すでにウチの会社は新技術、高度な知識、創造的、革新的でないことを認めたわけだ。

世の中ではベンチャーは華やかで、中小企業はカスレたイメージがある。
ベンチャーは支援すべきであるが、中小企業?よく潰れるよね?

これって、何か腹立つではないか?

で、思った。

何故私は腹を立てているのか

自分が、「可哀想な」「中小企業」であると思っているからだ。

でも、そこには

「あなたの会社をベンチャーではない中小企業と認めます」

という認定証があるわけでなく、
私がそう思っているだけではないかと?

ヒトは言葉でそのモノが何であるか定義したがるが、
定義したことで、その言葉に自体に捕らわれてしまっているのではないだろうかと?

同じく、「ウチは中小企業だから」と言葉を吐き続けることで、
己を再定義し、「中小企業だから中小企業然たるものなのだ」と思い込んでしまっているフシがある。

ので、今日からウチの会社はベンチャーだ!

というのは、恥ずかしすぎるので、

「中小企業という枠に自らを収めない」

というスタンスで行こうと思う。

いや、誰が何と言おうと頑張っちゃうもんねw

まぁ戯言ですわ

| 反庵 | 17:14 | comments(0) | - |
ここ一ヶ月の動き
 ここ一ヶ月の動き

7月2週 

肩の痛み治まらず。
客先コンペは代役を立てさせてもらいました
40肩か50肩か、どのような病名かは知らぬが、何方か此の肩を差し上げませう、という感じ。
ぐるぐる肩を回せる野球選手は奇跡か!と思うほど。
次週末に中国行きを控えて不安が募り、今まで行ってたのとは別の医者へ
MRIを撮ってもらうと第4頚椎と第5頚椎の間の椎間板が少し飛び出て神経に触っているかも、
加えて働いている時の姿勢が悪く(要するにPCに向かっている姿勢ね)肩甲骨周辺の筋肉が披露しているのかも。
もしくは、その複合技かも、
ということ。
今までとは違う薬を貰い少し一安心

7月3週

何だか肩の痛みが治まってきたようである
治ったのではなく「散らした」状態かも
書類を蹴散らし、
セミナーを受け、
タイガースを甲子園で応援してビールを飲んで、
幾つかの会議を終わらせ、
手形、小切手を切って支払いに備え、
木曜日、関空から中国へ

初中国、初上海、初南京。

IN中国。
あちこち建築ラッシュ、人が多い、物が安い、エネルギッシュ!
脱線前の新幹線にも、リニアモーターカーにも乗りました。
辛亥革命から100年の中山陵、総統府にも行きました。
南京は良い街ですね。
そして、段取りしてくれた方々のチカラは凄まじく、
私では到底会えない方々と食卓を囲んで歓待を受けました。
白酒と料理と笑顔とビジネスの話、そして何度もの乾杯、
いやはや楽しかった。
そしてガンバラネバという思い。

7月4週

帰国、一日おいて微熱、そして激しい下痢。
治りかけても呑むものだから、一向に治らないw
医者に駆け込んで、薬をもらうと一日で治りましたw
日本の医療おそるべし。

7月4週

日本の医療のお陰で、すっかり腹も落ち着いて、
名古屋、四国とセミナー&出張
そして呑みw
大阪での起業を盛り上げようという
同じ思いの方々を引き合わせて化学変化起きるかな?
と期待した飲み会は、何故かチャンマイ行きに纏まりましたw
人間て不思議w

あっという間に一ヶ月が過ぎていきます。
何かするなら今しかないのかもと焦りつつ
出っ張ったお腹を見やりつつ
ボチボチ行きますわ

| 反庵 | 17:32 | comments(0) | - |
九州です
 九州です。

昨日から九州に入り、客先回りをしました。

どこに行っても、私の業界は不景気で目も当てられませんが、

客先には「何かしなきゃならん!」ってな気運もなく、ただ外注価格を下げることしか頭にないようです。

不景気だとか、自分の給料が少ないとか嘆く前にすることはあると思うのですがどうでしょう?

今の困った状況を溺れていることに例えると、

溺れているのは溺れているとして、黙ってじっとして溺れてしまうのは誰でもそうでしょうけど、嫌です。

だったら、思いっきり腕を広げて、振り回して、あがいて、醜態晒して、やったろうじゃあありませんか。

ワラでも何でも掴めるかもしれません。

どうせ皆等しく死ぬのだから思いっきり生きようじゃありませんか。

で、ダメでも高望みしなきゃ生きてはいけますし、腹くくりましょう

金は死んでも持っていけないので、生きているうちにその証を残しましょう

さて自分に気合をいれたところで、今から頑張りましょうか

| 反庵 | 14:28 | comments(0) | - |
感謝

いやーホント感謝です

去年末ぐらいにU氏から紹介して頂いた方との話が結構トントン拍子で行きそうな気配

加えて、U氏からまた新たに紹介して貰ったりして、少し事業展開が広がりそうです

やっぱ、仕事、会社とか言っても人との付き合いなんだなとつくづく思うわけです

真面目に仕事して、真面目に人と向き合ってれば、良い時も来るんだと希望が持てます

仕事は決して良い時ばかりじゃないけれど、これからも姿勢を変えず、感謝を忘れず前向きに愚直でありたいものです

それと繋がっていけるように皆にすこしでも返していけるように頑張ります
| 反庵 | 14:59 | comments(0) | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛

Recommend

Recommend

Recommend

富の独裁者
富の独裁者 (JUGEMレビュー »)
エイミー・チュア

Recommend

Recommend

ジョグノート

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode