Page: 1/22   >>
萩往還70kに行ってきました

行って来ました萩往還70k
5月4日の朝6時スタートなので、当然前乗り
バリバリGW真っ只中!5月3日の朝5時出発!
ええ車ですよ。
新幹線なんか全然取れません
ましてや親子3人並んだ席なら尚更

渋滞を避ける為に早めに出たつもりが、何の事はない早くも摂津で渋滞・・・・・・orz
延々と宝塚抜けるまで中国道は渋滞でございます。

やっと抜けたと思えば、ノロノロ運転、そして岡山で、福山で、広島で渋滞でございます。

で、山口に着いたのは14時半・・・・・・

当然その日は宿に行って、温泉入って終了でございます。
次の日が早いので、9時と早めに寝ました。

当日起きたのが3時半
何かと心配症でございますので、早めに起きてしまいます。
起きてすぐ、昨日買ったおにぎり2個とカステラ2個をスポーツドリンクで流し込み、
バックパックに様々詰めて、もちろんハイドレーションも1.5リットルほど入れて、Zポールのトレランポールも持って
朝5時に湯田温泉の宿を一人車で発。

5時10分ぐらいに指定の県庁駐車場着
車の中で、エネルギーゼリー、ウィグライとコムレケアを飲みます。
(どこまで心配症やねんw でも一応ハンガーノックにならないように肝臓にグリコーゲン貯めとかにゃあw)

車を置いて、折り返し地点で受け取れる荷物を預けて、スタート地点に向かいます。

スタート地点では、これから70キロ完踏しようという変態ばかりw

番号をチェックしてもらい、50人くらい?ずつのウェーブスタート

「抑えて行かにゃあ いかん 抑えていかにゃ いかん」
と呟きながら、しかし、どこまで抑えりゃ良いのかも分からずw
3キロほどロードを走って、石畳の登り坂へ差し掛かり、渋滞へ
早速、持ってきた「BlackDiamond UltraDistance」のトレランポールを颯爽と取り出します。

萩往還は歴史的にも有名な道のようで、ハイキングコースのように整備されています。
所々石畳で整備されているのですが、これが走りにくいw
ポールは弾くし、足は取られるしでw
特に下りでは滑り止めの意味もあるのでしょうが、逆に滑るのではないかとヒヤヒヤ
駆け下りるのが好きな私は、かなり苦労しました。

長文になってきたんで、細かいところは他の方に任せるとしてw、

大体は、ロード6割、トレイル4割ってとこですか

折り返しまでの行きはかなり下りが多いような気がしますね。
しかし、後でgarmin君で見てみると、ガッと登って、ダラダラ下り
逆に帰りは、ダラダラ登って、ガッと下り、ですw
(ほぼ行きは6キロまではガン上り、以降ダラダラ下り、帰りは逆)

折り返し地点の「陶芸の村公園」でチェックを受けて弁当をもらって、着替えたりしましたが、
結構足に余裕があるなぁと思って、座って飯を食ってると、
今来たダラダラ下りは、これからダラダラ上りになるのだなぁと思いを馳せてしまい、
かなり気が萎えて、足が重くなったことは秘密ですw

エイドは
・佐々並 : 「佐々並豆腐」 →スポーツドリンク飲んだ。豆腐食べた。
・明木 : 「飲料・饅頭」  →スポーツドリンク飲んだ。饅頭2個食べた。(美味)
・「旧村田蒲鉾店」 : 「飲料」 →コップが無かったのでスルー
・陶芸の村公園 : 「むすび弁当」(折り返し)  →ハイドレーションに水を1リットルほど補給&おむすび2個食べた。
・「旧村田蒲鉾店」 : 「飲料」 →コップが無かったのでスルー
・明木 : 「飲料・饅頭」  →スポーツドリンク飲んだのみ。
・佐々並 : 「佐々並豆腐」 →スポーツドリンク飲んだのみ。
・「夏木原」 : 「飲料」 →コーラ貰った!(美味)

でした。

飲めるものは飲みましたが、基本的に「自前コップ」が必要です。
もちろんエコを意識してのことで、良いことです。
紙コップも少し置いていましたが、自前コップを忘れた私にとっては、ナカナカ貰いにくいw
エイドでの補給だけでは足りない!
しかし、背中のハイドレーションから水を摂ったので水に不便はありませんでした。
水は少しづつ摂ったほうが良いので、私みたいにすぐに喉が乾く人はハイドレーションが必須と思います。

エイド以外に
「炎熱タブレット」20個ほど、「ワンセコンド」8個、「ウィグライ」2包、「コムレケア」1包を摂りました。
結構摂ってます。 ハンガーノック防止と痙攣防止の塩分摂取はしっかり摂ります。

はっきり言って、後半は殆ど歩いていた感がありますが、
のこり何分ペースで歩けば間に合うのかとか、走らないと間に合わないのかとか、そんな残り時間の勘定(?)ばかりしてましたw
夏木原のエイドで「ああ残り7キロかぁ」と思っていたところ、
エイドの人に「残り4キロだよん」と言われた時の嬉しさw
思わず何度も聞き返しましたw

だって70kだから70キロと思うじゃんw
実際はgarmin君で「67.48km」、iphoneで「67.18km」だったので、少し短かったかな?

しかしゴールしたときは感動です!
10時間48分(昼食休憩含む)!

「ああ、終わったんだ」という安堵感と、
「ああ、やりとげたんだ!」という達成感と
大丈夫かな?という自分を信じ切れなかった気持ちと
まぁなんとかなるさという楽観的だった気持ちと
いろんな気持ちが交錯しましたが、

【完踏】はやはり良いものです。

エイドも少なく、標識も最小限で、最近の「マラソン大会」と比べれば、手作り感が濃い大会でしたが、
それも【萩往還】という志士たちが行き来した道を【旅】することの一部と思えば、
【山口】から【萩】へ行くことの困難さ、【萩】から【山口】へ帰ることの苦しさが当時を偲ばせ、
自分ですべて用意する「マラソン」と「ピクニック」を合わせた「マラニック」という旨も趣深く感じることができます。

ちなみに、70キロの上には【140キロ】と【250キロ】のクラスがありますw

え?来年は140キロに参加するか?って?

時薬に任せますw
| 反庵 | 22:48 | comments(0) | - |
歯列矯正始めました
 歯列矯正を始めました!
って「冷麺はじめました!かき氷はじめました!」ではないが、
歯列矯正を始めたのである。

元来、あたしゃ笑顔を見せることが出来ない程の乱杭歯でコンプレックスを持っていましたが
これで解消!となれば良いですね

さて、歯列矯正と言えば、メジャーなのは歯の表面にブラケットを付け、ワイヤーを通す方式です。
御多分に漏れず、私もこの方式。
メタルのこの方式は早く終ることができるメリットがあるらしい。
況してや私のガチャガチャの歯では早く終わるほうが望ましい

でも一つ不安が・・・・
ガチャガチャの歯にガチャガチャと器具を付けると虫歯になりやすいのでは?
歯列矯正が終了して万歳三唱の果てに虫歯だらけ!ではシャレにならん。

而して、ブラケット&ワイヤーの歯列矯正の歯に自らなってみて判明したことは、

【メシを食えば必ず詰まる!】

のである。

歯と歯の間に挟まる。
ブラケットとワイヤーと歯の間に挟まる
ブラケットに引っかかっている
ワイヤーに引っかかっている

兎に角、食う度に何かの間に詰まる!!!

ので、
今までにコツコツ用意したのは

仝腔内洗浄機 : Panasonic ジェットウォッシャーEW1250P
∋ブラシ : デンターシステマ コンパクトヘッド
デンタルリンス : ガムアドバンスケア デンタルリンス
せ磨き粉 : クリニカアドバンテージ
ヅ兎飴ブラシ : ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ
歯垢染色 : こどもハミガキ上手 いちご味

これから用意するのは
Ц腔内洗浄機 : Panasonic ジェットウォッシャー  EW-DJ40

これで万全!
と思う。

まず,世韻任盖佑泙辰真べかすを強力に除去してくれる。
△濃周ポケットでの歯垢の除去
で歯肉の炎症を抑える
い鉢イ濃の表面のプラークを抑える(フッ素入りで歯を守る)
Δ濃垢除去の確認(しかもいちご味w)

外出した時はГ濃を磨けなくても食べかす除去ね
これだけでも大分違うのではないかなぁと思う。
あとは月に二度の歯医者でのクリーニング&調整で正しい処置か判明するけどね

綺麗な歯並び目指してレッツラゴー
| 反庵 | 23:11 | comments(0) | - |
挑戦します!

来年の第3回白馬国際トレイルランの【ロング】に出場します!
50キロです!
30キロとは違います!
30キロでヘロヘロになってる場合ではありません!w

今年の30キロの走り(歩き?)があまりに酷かったので、
一年間意識して練習してみます

2012年 10月 21日 第6回生駒チャレンジ登山大会 30km(トレイルラン)
2012年12月1日  自主トレラン(ダイトレ)
2013年1月27日  第33回館山若潮マラソン
2013年 2月 17日? 第5回徳島・海陽究極の清流 海部川風流マラソン. 42.195km
2013年 3月 10日 京都マラソン(倍率3.3倍、抽選に外れる筈?)
2013年 5月 4日  第25回山口100萩往還マラニック. 70km(4日)
2013年7月ごろ 自主トレラン(ダイトレ)
2013年 9月 16日? 第3回白馬国際トレイルラン 約50km ロング

ちょっと詰め過ぎかな?w
| 反庵 | 16:40 | comments(0) | - |
第2回白馬トレイルラン
白馬トレイルランに行ってきました!
と言っても、もう二週間以上経ちますけど・・・・・

一度は走ってみたいと思ってたトレイルラン!
どんなもんじゃ?と思いつつも色々と準備を整えました
ハイドレーションを持って行こうか?
それともウエストボトルポーチが良いのか?
行動食はどうしようか?
靴下は5本指なのか?雨用も用意しとこうか?
雨用のウィンドブレーカーも要るような〜?とか
山だから手袋も必要よね?とか悩みながら。

関西から一人で行くから多少の不安は正直ありました。
が、仕事でもないし、気楽に行ったらええんちゃう?
とお気楽&心配性が入り交じって白馬入り

まぁどうせ走る時は独りだし、と会場の前で受付していると
友人のJarJar発見
会うのは久しぶりだけど、いろんな意味で変わらないねぇ
とかなんとか言ってると、橋口さんとご家族、お仲間達も続々と現れ、輪に入れて頂いて最初の心配はどこへやら
ワイワイとしているうちに夜は更けて、いよいよレースの朝に

トレイルランなんてものは走ったことはない
見たことはないし、話を聞いたこともない
雑誌とネットで仕入れた情報を頼りにしたとしても、
どんなものかは到底理解できない。

まぁフルマラソンは曲がりなりにも、完走しているからトレイルランの30キロなんて軽いもんでしょ。
初めて使うトレランシューズ、初めて使うルーファス、この日の為に!

と走りはじめたのは良いが、八方尾根を登るだけでもキツイ
やっと登ると絵画のような美しい風景!

そして八方尾根からの下り
スピードをつけてビュンビュン行く!
楽しい!
走ることって面白い!
股関節を十二分に使って、細かく足を動かしたり、大股に飛んだり、体を傾けてカーブを曲がってみたり。

はぁ楽しかったと平地をゆっくり走っていると左太ももに違和感
少し痛めたかな?と思っているとドンドン足が重くなる。
平地を何とか走っているけど明らかにマラソンの35キロ地点並みの足の重さ
まだ10キロぐらいしか走ってないと思うよ

エイドで何度も「もう半分きてるよね?」と訊くけど誰も頷いてくれる人なし。
半分に来た時はもう走れねぇ〜w
歩きながら岩岳を登り切る

またもや絶景!
「めっちゃキレイ!」と声が出るほど
頂上のエイドで十分休んで降りましたが、そこからが遅々として進まない
一体全体何時着くのか?と思いたくなるほど(実際は10キロほどなのか?)

ラストは沿道の応援に支えられて、目一杯見栄張って走ってゴール!w

感動!
ホント、ゴールできて良かった!

その後は一旦宿に戻ってシャワー浴びて、会場まで戻って、皆でビール!!!
これが美味いの何のって!!!!

スゲー!!!来年も来るぜ!!!!!!!

って感じで後夜祭も呑み過ぎましたw

来年も今度はロングで再会することを約束して・・・・・・・・・

白馬っ!!! サイコーッ!!! やんけっ!!!
| 反庵 | 08:17 | comments(0) | - |
歯の治療について

普段は何も考えず使っているが、一度不具合が出ると非常に困るのが「歯」というものだ

少し虫歯になって歯に孔が開いただけで、耐えられないくらい痛みが走るし、
少し欠けても食事の味が分からなくなるくらい不便に感じる。、
一本でも抜けようものなら、凄まじく咀嚼能力が落ちて、食べた心地がしない。

しかし、そのメンテナンスは案外軽んじられているように思う。

実際、学校で「歯を磨きましょう」とは言うけれど、
給食の後に歯磨きの時間なんてない。
僕らの親の世代では、歯磨きの習慣は乏しいらしく
「りんごを囓ると歯茎から血が出ませんか?」程度だろう。

況してや、何かあった時の「歯医者選び」なんてものは、
「ご近所の評判」ぐらいしか無く、非常に情報に乏しい。
その評判も「親切だ」とか「すぐ診てくれる」とか「いつも人でいっぱいだ」などなど・・・
『こんな治療をする名医だ』なんてものはひとつもなく、
どんな治療をするのか、どんな力量なのか全くわからない。

一度その歯医者に掛かったら「地獄まで付き合う」覚悟だったり、
説明もなく、有無を言わせずガリガリ削られて銀歯だらけになったり、
「いつ終わるんだろう?」と疑問に思いながら治療を受けて、
気がついたら次のアポイントを取らされているのが現状だろう。

かく言う私も前述通りの「従順な」ペイシェントであり、
文字通り「なすがママ」トマトがパパ状態であった。

以下は私の経験談である。

私が通っていた歯医者は一応レントゲンは撮ってくれていて
説明は無いものの「ここは神経抜きます」とか「被せしますね」とか「これは保険外ですがどうしますか?」
と訊いてくれていたし、『完璧に』治療した後は、三ヶ月に一回「歯のお掃除」を行いに通っていた。

もちろん『完璧だ』と思っていたし、このままで大丈夫だと信じていた。

しかしながら、以前から奥歯の歯肉が腫れたり、引いたりしていたのだが、
かなり前に神経を抜いて被せをしていた左上奥歯への指摘は無かった。

当然私も「少し腫れているのかな」ぐらいにしか思わなかった。

しかし・・・・

今回あまりに腫れが酷いので、近所の歯医者に駆け込んだ。

そこで、

「もう抜くしか無いですね」と引導を渡された。

私としては茫然自失、寝耳に水、瓢箪から駒である。
「え?言ってる意味が分からないですけど?」ぐらいの意味合いで聞くと
以前行った根管治療が悪いらしく、歯の根元に膿が溜まっているとのこと。
現在、治療法は無く、抜く以外手当の方法はないとのこと。

私は打ちひしがれた。

奥歯は「噛み締める」という言葉が表す通り、食べる時に一番「味わえる」部位である。
しかも一番奥であれば「ブリッジ」もできないし(できるが不安定)インプラントも上顎は骨が薄いので難しい。
すなわち、一番抜きたくない歯である。

それを抜けという。

じゃあ今までは何だったんだ?
今までかけた歳月は?
今までかけた金額は?
でも抜かなきゃならない、抜きたくない。
とグルグル思いが巡り巡って、バターになってしまうくらいだった。

で、はたと思った。
うちひしがれている場合じゃない。
今こそグーグル先生の力で、抜かずにすむようにできないのか?
検索キーワードは「抜かない 歯科医療 大阪」

で、見つけた。

「マイクロスコープによる根管治療」
歯の根っこが腐っていても「マイクロスコープ」があれば、ごく細やかな治療ができ、完治できる可能性があるということ。

つまり「抜かなくても良い」ということ。

地獄に仏、渡りに船、河童の川流れ。

「溺れるものはわらをも掴んでわらしべ長者」との格言の如くに先生の元を訪ねた。
いつものようにレントゲンを撮って、腫れていた部位を診て一言

「抜かないでも治療できますよ」

なんたる一言
なんたるお言葉
なんたることぞ、サンタルチア

ここで思い知りました。

歯科医は絶対ではない。
歯科医もセカンドオピニオンが必要である。
歯科医も自ら探さなければ名医に行き当たらない。
歯科医を求めよ!されば与えられん!

はっきり言います!
人生色々、男も色々、歯科医だって色々、咲き乱れるわ!

少しでもかかっている歯科医に疑問を感じたらセカンドオピニオンを求めてください。

そしてなるべく抜かないでください。
歯科医療は日進月歩、すぐに最新治療が開発されます。
その時に「歯がない」では治療のしようがありません。
そして良い歯科医を探してください。

良い歯科医の条件

1初診の問診・検査に十分な時間を取る
2経済状況に見合った治療方法を提案してくれる
3説明がわかりやすく、どんな質問にも答えてくれる
4患者の目を見て話す
5謝ることができる歯科医

はっきり言って、患者数の多い、いつも待たされる、治療時間が短い、歯科医は営利目的で良い医者は少ないと思います。

参考にした本
〜歯医者に行く前に読む 決定版 歯の本 いい歯科医の見分け方 釣部人裕〜
良著です。一読してください。
| 反庵 | 23:58 | comments(0) | - |
洋行す

本日パリに来ております
はるばる飛行機で13時間、
いや伊丹空港から成田まで行ったので14時間
落ちることもなく無事にシャルルドゴール空港着
出た機内食は2食、呑んだアルコールは、ビール3本、赤ワイン3本、白ワイン4本でございます
(勿論ワインはミニボトルですよ)
午後4時頃着いて、空港バスに乗って、モンパルナスの宿に着く頃には6時半ですっかり暗い。
バスの中で暮れゆく街を見ていたが、暗いねぇ
節電中の東京の様だ。
いや日本が明るすぎるのか。

部屋で荷を解いて、晩飯へ
どうもモンパルナスは、ガレット(クレープにハムとか卵とか包んだ軽食)の激戦区らしく、
ガイドブックそのままに、人気店のクレープリー・ド・ジョスランへ予約もなく突っ込む
店は一杯だ、2〜3組日本人も見える。
皆、食べ物がテーブルにない、何だかサーヴが遅いのね。

まぁフランス語覚えて来ませんでしたので、最近放映中の「カーネーション」のように関西人のド根性でいくしかねぇですw

ウロウロ忙しそうな店員に関西弁で「7人いける?」と聞くと、

「は?」みたいな顔で「何?」って聞かれました?w

「ムリ!ムリ!一杯やねん!」みたいなことを言われて、

もの悲しげに未だ来ぬ食事を待つ日本人の顔を見て、

後から入ってくる観光客の白人も激しく断られるのを見ると、敢え無く退散

しばらくうろついて、同じような「空いてる」店へ突入

やっとありついたクレープはシンプルな味ながらナカナカ旨い

またビールを呑んで皆と語って、なかなか楽しい夕食でした。

で宿に帰って、電話して、メールチェックして、洗濯して、シャワー浴びて寝ましたとさ。

おつかれでした〜
| 反庵 | 14:59 | comments(0) | - |
とくしまマラソン
 11月5日 土曜日

午後5時。

週末の会議を抜けだして、家路に車を走らせる。

僕らの幼い頃は土曜日は休みじゃなかったけど、
近頃はどこの会社も休みが多い。

私の会社は近頃の会社ではない。

帰宅ラッシュで普段は混み合うこの道路も週末を迎えた今日は交通量も少なめだ。

ステアリングを持つ手に少し力を入れ、
少しアクセルをふかした。

家に面したガレージに車をつけ、エンジンを切る。

新しいマンションが次々と建つ場所で、
このマンションは、もう古めかしい趣きがあるが、
一階部分に庭とガレージがあるのは今でも斬新だ。

車のドアを開け、家の中へと急ぐ。

そう、明日はとくしまマラソン。

6000人が参加するこの大会に私も参加すべく仕事を切り上げ、早々に戻ったのだ。

家人を乗せ、塾帰りの子供を乗せ、大阪南部を8時に出発
徳島まで180キロ。
夜道をひた走り、10時15分徳島駅傍の宿に到着。
12時就寝。
5時半起床。
7時出発。


ぽてぽて歩いて行き、途中でぬぼぉと立ってる兄ちゃんに
「うけつけはどちらかいな?」と問えば
「それはあっちだ」と答えたので、
またぼちぼち歩いてぇ行くと何とか受付会場にたどり着いた。

受付会場に着くと、眠そうに目が赤いFさんがこちらを向き
小さく「あっ」と言った。
Fさんは徳島に前日入りし、早々に会場入りして待っていてくれたのだ。
予め用意していた塩飴とピットインリキッド(ピーチ味)を手渡す。

なんだ、飴かゼリーかと侮ってはいけない。

これがあるのと無いのとは大きく違う。
塩分がないと足がつるし、ゼリー(高エネルギー食)がないとガソリン切れする。
ましてや低出力エンジンで、長く走らないといけない「なんちゃってランナー」は尚更だ。

みんなでスタート地点近くの荷物を預ける場所まで行き、
それぞれスタート地点へ向かう。
私とF氏はフルマラソン組だが、家人と子供は観光組だ。

午前9時
スタート地点より遠く離れて待つ私達には聞こえないくらいの号砲が鳴ったらしい。
花火が上がるホノルルマラソンじゃなく
歓声が上がる東京マラソンじゃなく
なんとなく出発。


滑り出しは好調
好調すぎて少し不安
キロ6分切るくらいである。

普段は少し早いペースだが、休養も十分なので良いかというぐらい。
沿道の声援にも笑顔で答える。


10キロ地点

好調 好調 絶好調〜
まだキロ6キロ持続中
もしかしたら4時間台前半かも〜〜〜〜〜
声援にハイタッチで答える。

16キロ地点

さすがに少しスピード落とさないといけないかもな
まぁ行けるとこまで行ってみましょ〜(気楽)


18キロ地点

え?うそぉ?足が重いぞ・・・・・・・・


19キロ地点

いかん・・・・足が・・・・重い・・・・・
歩くのか?歩いてしまうのか??


20キロ地点

もうダメだ・・足が、太ももが、動かん・・・
足がつったんでもないし・・・こんなん初めて・・・・
でもまだハーフも行ってないぞ・・・
これはもう棄権だな・・完走できるわけない・・・・

と敢え無く20キロで歩き始めた・・・
先は果てしなく遠い(残22キロw)

ここからは心理戦
歩いて、少し足の調子が戻ったかなと思って走ると動かなくて歩く。
その繰り返し。
走り始めると、1キロだけ走ってみよう。とか
せめて次の給水所までは行こう。とか

で、28キロまで何とか来ると、
三分の二過ぎた。あと三分の一だ。

30キロ来ると
残り12キロの半分は6キロだ
いつも朝軽く走っている距離だよな。とか

32キロ来ると
いつも11キロ走ってんじゃん
それより短いんだから〜頑張りなよ。とか

這いつくばって37キロまで来ると
ああ、あと5キロね。いつもの距離だな。軽い軽い(いつもの調子ならw)とか

どうにかこうにか40キロ来ると

苦しいと感じるのは、脳がそう感じるからだよな。
心頭滅却すれば火もまた涼し。
脳内で感じないようにすれば良いのさ。
と思いながら、苦しくて歩く。

とモハヤぼろぼろの境地

最初の4時間前半なんて野望も夢もチボウも無くなったわけでゲス



ああ、もう僕は何もいらない。

このレースが終わってくれれば好い。

終わってくれさえすれば好いのだ。

滔々と流れる吉野川、
山奥よりいづるその流れ。
私なんてそれに流れる葉ほど小さな存在なのだ。
風が流れてゆく。
人も流れてゆく。
人々の声援が遠くに聞こえる。
いや、あれは、すぐそこで聞こえるのか?

と半ば気を失いながら、足を引こずって競技場に。

時間は5時間18分50秒(ネット)

今までの最高記録5時間を塗り替えることも出来ず。

完全オーバーペースで終わったとくしまマラソンでした。

おめでとうをくれた皆様有難うございました。
実態は以上のように四苦八苦で、とてもお見せできるものではありませんw

やっぱ練習しなきゃダメだな。

その後、F氏はもっと死ぬような目にあっていたらしい。w
| 反庵 | 00:29 | comments(0) | - |
とくしまマラソン持ち物リスト
 11月6日に徳島マラソンに参加します。
全然練習できてませんがw
多分5時間半かかっちゃいますね。
それどころか完走できるかも怪しいw

で、走るときにどんな用意が必要なの?
と疑問に思われる貴兄も多かろうと
またもや「持っていくものリスト」です。


○靴(ミズノ ウェーブクリエーション)
しっかりした靴は必要です。足首、膝への負荷は大きいので、足ができていない人はクッション性の高い靴が必要です。

○ウェア
化繊の機能性ウェアです。汗を素早く発散します。間違ってもコットン生地を着てはいけませんw

○IPHONE
音楽がないと一歩も走れませんw

○ロジテック BluetoothヘッドホンLBT-AVNB02AWP 
応援してくれる人とも走りながら電話連絡取れます
コードは無いほうがストレスがありません。

○ザバス ピットインリキッド 4個
行動食というか補給食です。
私のように長い時間かけて走る人には補給食が必要です。
ので、10キロに一つを目安に

○塩熱飴 5個
汗をかくと大量に体のミネラル分が失われます。
マラソン後半には塩分不足で足がつりやすくなりますので、
これも10キロ単位に1個、塩分補給に。

○マラソン時緊急用現金(1000円札)
お金があると安心です。
小さく畳んでクリップに挟んでポーチに入れておきます。

○帽子
汗止めにも日除けにも必要です。

○サングラス(スポーツ用軽量)
あればベストです。
カンカン照りの時には視覚的効果もあって疲れにくく感じます。

○RUNNETで買ったウエストポーチ
ジョギング用の体にフィットする軽量のウエストポーチです。

○ポケッタブルウィンドブレーカー
中盤スピードが落ちて体が急激に冷えると体力が落ちるので、念のため。

○100円ショップレインコート(現地で捨てる用)
スタートまで体が冷えたり、雨で濡れることを考えると用意しておいたほうが良いかも。
スタートしたらすぐに捨てられます。

○フラッドラッシュスキンメッシュ
必須ですw

○TABIO レーシング用五本指用ソックス
足裏にすべり止めゴムが付いた五本足ソックスがお気に入り

○撥水性ソックス(雨の日用)(X-SOCKS ストリートバイキング・ウォーターリペレント)
雨用、案外濡れません

○コンタクト

○メガネ

○小ジップロック(iphoneを入れる)

○ガーミン君405
(一応wペースを守るのは大事ですw)

| 反庵 | 17:37 | comments(0) | - |
偶然にも
 先日、大学のアイスホッケー部時代の同窓生と偶然遭った。

20年ぶりだろうか?

とあるスケート場の無料開放の日
私は家族でスケートしに来ようと電車で出かけてきて
しばらく滑った後に、ソリを借りて自分が乗り、子供に押させているところだった。
普段より、リンクには多く、ごった返している中で
声をかけてくれたのだ。

実は私はアイスホッケー部を何も言わず途中で辞めてしまい、
そのことが、心の奥で申し訳なく、何時か謝りたいとシコリとなっていて、
あの頃のことを思い出すと鬱鬱となっていたのだが、
同窓生は、あの頃と同じ笑顔で同じ声で話してくれた。

嬉しかった

本当に嬉しかった。

彼に素直にあの頃の自分のことを謝った。

同窓生は笑顔で「もう昔の話だよ」と笑ってくれた

救われた

彼の心の内は分からない

本当は許せないのかもしれない
本当に昔の話で忘れてしまっていたのかもしれない

でも私の心の内は鬱鬱とした気分は晴れ、
彼との再会を心から喜ぶことができ、今日という日を感謝することができた。

素晴らしき日だった

どこかで神様が仕組んでいるような気がした
| 反庵 | 12:40 | comments(0) | - |
健康診断
 本日、健康診断行ってきた。

去年より4キロ太った。 

まあ去年はジョギングを一生懸命しててダイエットしてたので66キロだったのが、もどって今年は70キロだったということだ。

太ったのは分かってたので、
昨日朝5キロ夕方7.5キロ
一昨日朝5キロ、
一昨昨日朝5キロ、
その前の日に11キロ走ったのだが、あまり減らなかったようだw

しかし、もう少し痩せたほうが良いよな

朝ジョグは習慣にした方が良いのだろうけど
「雨だから」「昨日飲み過ぎたから」と【言い訳】してると延々と出来なくなるw


『はじめは人が習慣を作り、
それから習慣が人を作る』

ドライデン (イギリスの詩人)


みなさん、良い習慣を身につけましょう〜w
| 反庵 | 23:13 | comments(0) | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛

Recommend

Recommend

Recommend

富の独裁者
富の独裁者 (JUGEMレビュー »)
エイミー・チュア

Recommend

Recommend

ジョグノート

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode