Entry: main  << >>
そもそも論


公私に渡って会議をすることがある

自治会やら理事会、会社の会議、友人との集まり

楽しむときの会は壊れてても良いのだが、
ある目的を達成する時には壊れていては困る(笑)

もちろん皆も私も大まじめに意見を発するのだが
ふと我にかえると
「それって、そもそも、どういうことなの?」
と思うことがある。

例えば、理事会でマナーの話をしている時に
「ルールを設けるべきだ」となってしまうと
どんなルールが良いか、悪いか、規制するのかしないのか
私は反対だ、否、これは当然でしょう、
などと議論が膨らんでしまうのだが、
こういう議論は既にもう「ルール」として論じてしまっているのであって
「マナー」なのか「ルール」なのか等という論議がゴッチャになっているのであります

マナーは罰則もなく皆の共通の認識なのだから守りましょうというスタンスだが
ルールは法律であり、罰則ありきなのである。

何かの会で集まると結構、こんな会話となり
「何のために集まっているのか?」が曖昧模糊なものと成りかねない

こうなると井戸端会議である

つぎから次へと話題は変わり、何も決まることなく
「まあ 次までに考えてきましょう」などどなり
何を考えるべきなのか、基準は何なのかも分からなくなりますな

酒が入るとそういう向きも愉快なのだが
時間を拘束される会議だけは「そもそも」を論じてみると良いかもしれませんね

って何だか口調が変だな(笑)
| 反庵 | 19:06 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛

Recommend

Recommend

Recommend

富の独裁者
富の独裁者 (JUGEMレビュー »)
エイミー・チュア

Recommend

Recommend

ジョグノート

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode