Entry: main  << >>
NHK「ひとりぼっちの反乱」

 昨日NHKで「ひとりぼっちの反乱」という番組をやっていて、まったく見る気は無かったのだが、つい見てしまった。

北海道のミートホープ社の食肉偽装を暴いた同社元常務の赤羽氏の行動をドラマ仕立てで追ったものだった。

赤羽氏はホテルの支配人を定年で迎えた後、ミートホープ社の社長に営業として乞われて入社した。
子供が未だ就学中であることもあり、金銭的にも渡りに船だった。
食肉に関してはズブの素人であったが、役に立つべく同社の営業で全国を走りまわり、会社の業績を伸ばしていった。

しかし、会社の業績と共に、クレームが増える一方で、腐った食肉が混入していたり、異物の混入があったりと幾つものクレーム品を何度も引き取らなくてはならなくなり、売り込む側としては酷く精神的に追い込まれることとなる。
疑問を感じた同氏は食肉工場に赴き調べてみると、鶏肉に期限切れのパンを混ぜてミンチにしていたり、腐った肉を塩酸で洗い、塩酸で赤みが抜けた肉に血液製剤で色味を付けて偽装していることを知ってしまう。

食肉に関しては社長の指示で調合が決められており、ワンマンなやり方に誰も口出しすることはできず、赤羽氏もその一人であった。

精神的に追い詰められ、自分は犯罪に加担した者として捕まってしまうかもしれないという思いがよぎり、内部告発に至るのだが、当初は匿名で告発しようとした。
しかし保健所も役所も警察もマスコミも匿名では相手にしてもらえず、ついに自分の名前と立場を明かす覚悟で新聞社に内部資料を持って告発となる。

告発後はご存じのとおりに食品業界の偽装を暴く足掛かりになり、大きく改善したが、
本人はマスコミに揉みくちゃにされて、同社は破産、社員は全員解雇、社長は懲役、赤羽氏の家庭はバラバラとなった。

ご本人も番組のインタビューに答えておられて

「世間の人は私のことを英雄とかいいますが、そんなことは無いです。私は保身の為にやったんです。」
と話され、

何か得たものがありましたか?と訊くと
「何もありません。全部失いました。同僚の職を奪い、会社は潰れ、家族はバラバラです。空しいです。」

もう一度、こういう場面があれば、同じ様に告発しますか?の問いに
「絶対しません。静かに消えます。」

ご本人の言葉に涙が出そうになった
定年まで職務を全うし、第二の人生で一念発起し頑張った末に、
そこまでやるしかない程、追い詰められていて、その後も全く幸せではないと感じていることに悲しみを感じた。

普通の人が普通に人生を送りたい
ヒーローにならずとも安寧に暮らしたい

それを許さなかった社長、会社、役所、マスコミ、そして社会

深い悲しみを感じると共に
「サギマガイ」な生産物は悲しみしか産まないことを心にとめておこうとおもった。

| 反庵 | 16:01 | comments(2) | - |
Comment
大好きな映画でアルパチーノ主演の『インサイダー』を思い出しました。最近では『グッドナイト&グッドラック』でしょうか。
考えさせられる文章ありがとうございました。
Posted by: nakamura |at: 2009/12/02 10:30 PM
ほんと考えさせられる番組でしたね
多方面から見ないとナカナカわからないのかもしれませんね

インサイダーとグッドナイト&グッドラックまた見せて貰います。

Posted by: 反庵 |at: 2009/12/04 7:48 PM








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛

Recommend

Recommend

Recommend

富の独裁者
富の独裁者 (JUGEMレビュー »)
エイミー・チュア

Recommend

Recommend

ジョグノート

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode