Entry: main  << >>
関東営業所
 関東営業所の人が亡くなった



5年ほど前、大手の会社を製造部長まで勤め上げ、60歳で定年退職し、技術営業としてうちに来てくれた人だった。

不器用だけど、正義感があって、製品に真っ直ぐな思いを持った人だった。

「僕は技術一本で来た人間なので、営業は上手く出来ません。でも一生懸命仕事させて頂きます」

綺麗とは言いがたいが、ガハハと笑う彼の笑顔は素敵だった。



慣れないながらも客先をまわり、積極的に工事を取ってきた。

特に技術面でフォローを入れ、お客さんの部署をドンドン回って、工事の前段取はキッチリしていた。

しかし、少しの嫌味も無く、お客さんの会社のことも、うちの会社のことも親身に考える人だった。

そんな彼なので、お客さんの信頼も厚く、携帯電話もよく鳴っていた。



昨年肺がんを患って、入院したが、奇跡的に放射線治療が効いて、良くなって退院した。

その時は「良くなってよかったね」と彼が好きなチューハイを酌み交わした。



そして現場に復帰して、またバリバリ回り始めた。



しかし、そんなに経たないうちに脳に腫瘍ができた。



入退院を繰り返しながら、良くなってきたとのことで復帰してもらった。

会った時、今度も放射線治療が効いたと言いながら、手術と抗癌剤でツルツルになった頭を見せながら、ガハハと彼は笑っていた。



またしばらくして、今度は腰が痛いと、入退院を繰り返していたので嫌な感じはしていたが、

それでも携帯電話でお客さんのフォローと工程の確認をしっかりこなす彼を応援するつもりで、在籍してもらっていた。

腰の痛みは腰椎の中にできた腫瘍だった。

それが神経を圧迫し、腰の痛みを生み出し、ついには下半身が動かなくなってきた。



そんな中でお客様から表彰を受けた。

私は非常に嬉しかった。

うちの会社始まって以来の表彰だった。



うちの製品が品質に優れ、厳しい納期を守ったからだということだったが、

彼が腰痛を訴える前に取った工事で、病床からも彼が調整を図っていた工事だった。



私は、賞状のコピーを額に入れて、東京に行き、彼のベッドに持って行った。

彼は思いの外喜んでくれて、会社の名誉を自分の事のように喜んでくれた。



あれから一ヶ月半経った今日、彼が亡くなった。



非常に残念な思いだ。



わたしも彼のように一生懸命生きたい。



明日東京に行き、明後日彼に会いに行きます。


| 反庵 | 18:26 | comments(1) | - |
Comment
度々の闘病、お辛かったでしょうね。
お悔やみ申しあげます。

良い社員が良い会社を育て、
良いものが表彰される。

とても当たり前のようですが、
なかなか無いことのように思います。

良い方と巡り逢われましたね。
Posted by: Ryo |at: 2012/05/23 2:04 PM








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛

Recommend

Recommend

Recommend

富の独裁者
富の独裁者 (JUGEMレビュー »)
エイミー・チュア

Recommend

Recommend

ジョグノート

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode