Entry: main  << >>
萩往還70kに行ってきました

行って来ました萩往還70k
5月4日の朝6時スタートなので、当然前乗り
バリバリGW真っ只中!5月3日の朝5時出発!
ええ車ですよ。
新幹線なんか全然取れません
ましてや親子3人並んだ席なら尚更

渋滞を避ける為に早めに出たつもりが、何の事はない早くも摂津で渋滞・・・・・・orz
延々と宝塚抜けるまで中国道は渋滞でございます。

やっと抜けたと思えば、ノロノロ運転、そして岡山で、福山で、広島で渋滞でございます。

で、山口に着いたのは14時半・・・・・・

当然その日は宿に行って、温泉入って終了でございます。
次の日が早いので、9時と早めに寝ました。

当日起きたのが3時半
何かと心配症でございますので、早めに起きてしまいます。
起きてすぐ、昨日買ったおにぎり2個とカステラ2個をスポーツドリンクで流し込み、
バックパックに様々詰めて、もちろんハイドレーションも1.5リットルほど入れて、Zポールのトレランポールも持って
朝5時に湯田温泉の宿を一人車で発。

5時10分ぐらいに指定の県庁駐車場着
車の中で、エネルギーゼリー、ウィグライとコムレケアを飲みます。
(どこまで心配症やねんw でも一応ハンガーノックにならないように肝臓にグリコーゲン貯めとかにゃあw)

車を置いて、折り返し地点で受け取れる荷物を預けて、スタート地点に向かいます。

スタート地点では、これから70キロ完踏しようという変態ばかりw

番号をチェックしてもらい、50人くらい?ずつのウェーブスタート

「抑えて行かにゃあ いかん 抑えていかにゃ いかん」
と呟きながら、しかし、どこまで抑えりゃ良いのかも分からずw
3キロほどロードを走って、石畳の登り坂へ差し掛かり、渋滞へ
早速、持ってきた「BlackDiamond UltraDistance」のトレランポールを颯爽と取り出します。

萩往還は歴史的にも有名な道のようで、ハイキングコースのように整備されています。
所々石畳で整備されているのですが、これが走りにくいw
ポールは弾くし、足は取られるしでw
特に下りでは滑り止めの意味もあるのでしょうが、逆に滑るのではないかとヒヤヒヤ
駆け下りるのが好きな私は、かなり苦労しました。

長文になってきたんで、細かいところは他の方に任せるとしてw、

大体は、ロード6割、トレイル4割ってとこですか

折り返しまでの行きはかなり下りが多いような気がしますね。
しかし、後でgarmin君で見てみると、ガッと登って、ダラダラ下り
逆に帰りは、ダラダラ登って、ガッと下り、ですw
(ほぼ行きは6キロまではガン上り、以降ダラダラ下り、帰りは逆)

折り返し地点の「陶芸の村公園」でチェックを受けて弁当をもらって、着替えたりしましたが、
結構足に余裕があるなぁと思って、座って飯を食ってると、
今来たダラダラ下りは、これからダラダラ上りになるのだなぁと思いを馳せてしまい、
かなり気が萎えて、足が重くなったことは秘密ですw

エイドは
・佐々並 : 「佐々並豆腐」 →スポーツドリンク飲んだ。豆腐食べた。
・明木 : 「飲料・饅頭」  →スポーツドリンク飲んだ。饅頭2個食べた。(美味)
・「旧村田蒲鉾店」 : 「飲料」 →コップが無かったのでスルー
・陶芸の村公園 : 「むすび弁当」(折り返し)  →ハイドレーションに水を1リットルほど補給&おむすび2個食べた。
・「旧村田蒲鉾店」 : 「飲料」 →コップが無かったのでスルー
・明木 : 「飲料・饅頭」  →スポーツドリンク飲んだのみ。
・佐々並 : 「佐々並豆腐」 →スポーツドリンク飲んだのみ。
・「夏木原」 : 「飲料」 →コーラ貰った!(美味)

でした。

飲めるものは飲みましたが、基本的に「自前コップ」が必要です。
もちろんエコを意識してのことで、良いことです。
紙コップも少し置いていましたが、自前コップを忘れた私にとっては、ナカナカ貰いにくいw
エイドでの補給だけでは足りない!
しかし、背中のハイドレーションから水を摂ったので水に不便はありませんでした。
水は少しづつ摂ったほうが良いので、私みたいにすぐに喉が乾く人はハイドレーションが必須と思います。

エイド以外に
「炎熱タブレット」20個ほど、「ワンセコンド」8個、「ウィグライ」2包、「コムレケア」1包を摂りました。
結構摂ってます。 ハンガーノック防止と痙攣防止の塩分摂取はしっかり摂ります。

はっきり言って、後半は殆ど歩いていた感がありますが、
のこり何分ペースで歩けば間に合うのかとか、走らないと間に合わないのかとか、そんな残り時間の勘定(?)ばかりしてましたw
夏木原のエイドで「ああ残り7キロかぁ」と思っていたところ、
エイドの人に「残り4キロだよん」と言われた時の嬉しさw
思わず何度も聞き返しましたw

だって70kだから70キロと思うじゃんw
実際はgarmin君で「67.48km」、iphoneで「67.18km」だったので、少し短かったかな?

しかしゴールしたときは感動です!
10時間48分(昼食休憩含む)!

「ああ、終わったんだ」という安堵感と、
「ああ、やりとげたんだ!」という達成感と
大丈夫かな?という自分を信じ切れなかった気持ちと
まぁなんとかなるさという楽観的だった気持ちと
いろんな気持ちが交錯しましたが、

【完踏】はやはり良いものです。

エイドも少なく、標識も最小限で、最近の「マラソン大会」と比べれば、手作り感が濃い大会でしたが、
それも【萩往還】という志士たちが行き来した道を【旅】することの一部と思えば、
【山口】から【萩】へ行くことの困難さ、【萩】から【山口】へ帰ることの苦しさが当時を偲ばせ、
自分ですべて用意する「マラソン」と「ピクニック」を合わせた「マラニック」という旨も趣深く感じることができます。

ちなみに、70キロの上には【140キロ】と【250キロ】のクラスがありますw

え?来年は140キロに参加するか?って?

時薬に任せますw
| 反庵 | 22:48 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛

Recommend

Recommend

Recommend

富の独裁者
富の独裁者 (JUGEMレビュー »)
エイミー・チュア

Recommend

Recommend

ジョグノート

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode