Page: 2/9  << >>
実学?
前にも書いたが、
最近勉強していたことが役立ち始めた感がある

例えば株、株式投資ではない【株】である。


例えばである。

あなたの会社が得意先Aの株式を買っていたとしよう
いや、取引先の会で「持ち株会」を構成していたとしよう

あるとき、得意先Aが他社Bと吸収合併する計画となった。
BはTOB価格を提示していて、現在そのTOB価格に市場価格は張り付いている

それについて持ち株会の会合があり、あなたは出席する事となった
社長は「株については良く分からん。お前に任せるが、損だけはするな!」
とプレッシャーをかけてくる。


さて、あなたならどうする?



例えばである。

会社で寮を建てることとなった
今までは外部の賃貸ワンルームを借りていた社員を新築する寮に入れる予定である。
社長からは「賃貸」で借りる方が得なのか「寮」として建てるのが得なのか、ハタマタ「賃貸ワンルーム」として建てて、一部社員に使わせるのが得なのか考えて建設しろといわれた。
社長は「お前に任せるが、損だけはするな!」
とプレッシャーをかけてくる。


さて、あなたならどうする?(笑)



例えばである。

あなたは技術系営業

偶然か日頃の努力の賜物か、不意に電話がかかってきて、大きな取引をしてもらえることになった
調べてみると、自分の住んでいるところからは遠く離れた会社のようだ。
電話の相手は丁寧で好感のもてる相手で取引先には相応しいように思う。
更に調べてみたが、信用調査に引っかかってこないので与信がわからない。
やっと手に入れたのは決算の概要である。
社長は「細かい事はワシは見ない。取引するのかしないのか?お前の意見は?」


さて、あなたならどうする?



たとえばである。

あなたは幹部候補生

決算を終え、決算書があがってきたときに、会社にメインバンクの支店長代理が来た。
日頃銀行が来られると社長が応対するが、間が悪く来客中で、他に人もいないので、あと20分は社長の代わりに自分が応対しないといけない
お茶を出し、座ると支店長代理が一言

「今年の決算はどうしたか?」


さて、あなたならどうする?



あなたは大手会社社員
この不況の折にも会社の業績は良く周りには悪いがホクホクだ
家に帰ると電話が掛り、
「あなたの資産の適切な運用をアドバイス差し上げます。つきましては一度御説明にあがりたいと思い、近くまで来ていますが今から御時間ありますでしょか?」
と親切丁寧ではあるが、半ば強引に家に来ると言いだした
話をするのは良いが、言いくるめられないかな?


さて、あなたならどうする?



などなど身近に【お金】にまつわる話が年をとるにつれて多くなってくる
もっと身近なものならローン然り、クレジット然り。

不動産投資ブームの時に不動産を勉強し
株のネット取引ブームの時に株を勉強し
テクニカルなことより本質を
本質を捉えた上で真っ当な仕業とは何かを考え
常に学んでいて導いてもらえる友人、先人がいて・・
これからマダマダ学びながら、その学びを活かしていきたい
| 反庵 | 17:23 | comments(0) | - |
この世で一番大事な「カネ」の話
「たこ阪」店主さんのお薦め本を購入し読了


貧乏自慢(?)から透けて見える【カネ】の話

それは命の次に大事なものなどと流暢に語られるものではなく
生活に直結した、いや人生に直結した話

カネなど必要最低限で良かった漁師町で暮らした幼少期から
再婚した母親とともに街に出て一時的な似非金持ち生活を送り
そして、博打に父親の命を奪われて一変する生活
母親のお陰で運よく美大に進めるも、カネの為にイラストの仕事を熱心にこなし
カネに苦しめられた故郷には戻るまいとした決心

その体験も生活も環境もすべてはカネに直結していて
カネを稼がないことには大切なものを守れないし
いまの負のスパイラルから抜け出すことができない

という内容

確かに
生まれおちた環境は自分で選べない面があり
そこで負のスパイラルにとらわれていると
一生抜け出せないかもしれない現実
人間は自分で選んで生きているようでも
実は環境に考え方、人生は大きく左右されてしまい、
そして環境はカネで買えてしまうという事実
そんな例は実は身近に沢山ある

「カネの事は口に出さない」
のが日本人の美徳とするところだが
どこでも一番もめるのがカネの話だ
だから貧困はイヤだ


自分で環境を選び、自分で人生を選び、色々な場所に行き、
色々な物を見て、色々な人と話して、大切なものを大切にできるように
次の世代に良いものを良い環境を渡せるように
一生懸命働いてカネを稼ぎたい
| 反庵 | 08:42 | comments(2) | - |
感性がビジネスを支配する
本日、広島出張
行き帰りの新幹線の中で本を読む

「感性がビジネスを支配する」

軽い本で往復3時間弱で読めたが
中身は非常に納得のいくところで
外見や振る舞いや声や装いで人を判断することが多い。

もちろん、ビジネス上は、その人の話の中身で判断することに心掛けてはいるのだが
面談など判断までに時間がない場合は、やはり【感性】で判断してしまうことが多い
特に採用などというのは殆ど判断するまでの時間がなく、面接をすると
その答えた内容の如何に関わらず、「なかなか真面目そうだ」とか
「受け答えがはっきりしている」だとか「好感が持てる」など
その判断材料は殆ど「感性」と言い切って良いといえる

つまり私も少なからず他人に「感性」で判断されているということだ

今度、くたびれた靴とくたびれたパンツを改めよ(笑)
いつになるのか。。。。。
| 反庵 | 19:10 | comments(0) | - |
ズル値
エルピーダメモリ、日本政策投資銀行から公的資本注入により、今春にも資本を数百億円増強検討

日航、政投銀に融資申請検討

とか勝手に尊敬しているぐっちーさんのブログにありまして

法の下に平等だとか

そんな話はブッ飛ばしているわけですな

我ら中小企業は、民事再生を受けることも出来ず、公的資金による資本注入も叶わず、銀行の貸し渋りがあるからと言って、政投銀にも融資を申請なんてできるわけもなく、CPを買い入れてもらえる訳でもないので、それこそ自由競争の荒波に揉みくちゃにされて、哀れ白波に藻屑と消えて、我蟹と戯むるみたいな話になる訳ですが、まあ国民の生活に対する影響は甚大ではないでしょうから、屁とも思われないわけです。

イジケテテモ仕方ないので言いますが、

常に背水の陣で臨まなきゃならんわけですよ

それはどんな企業でもそうで、ゴーイングコンサーンというマラソンの途中でコケタとしても、自己責任で自分で用意したグッズで対処するか、コケて野垂れ死になわけです。

「有名選手だから」といって、コケた選手を政府がドーピングするようなマネは、ズル値が最高なわけであって、そもそも大会、レースが成り立つの?ってとこに言及してしまいます。

まあ、皆さん書いてらっしゃいますが、政投銀が融資するってことは、そもそも「銀行も貸さないようなリスクが高い融資、もしくはカス物件」にぼくたち、わたしたちの税金が投入されちゃうってことですけどね。
イミジクモどなたかが書いてましたが税金で「カス拾い」しているわけです

どこかで延命医療費が医療費を圧迫しているみたいな話を読みましたが、まさに経済はそうなりつつあるのかもしれませんねぇ

とはいえ自分も、傍観者では無いので何かしら動かないとね
| 反庵 | 12:35 | comments(2) | - |
お金の仕組み

生まれてこの方、
ずっとつかってきたお金

お金ってなんだろ

って考えますが

本を読むには まどろっこしい
って方には以下をどうぞ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1256333

あたしゃ今 これ関係の本を読んでいますが
進みません(笑)
やっと二分の一読み終わりました・・・・
| 反庵 | 17:15 | comments(0) | - |
株主資本主義

ひと頃、株主資本主義という言葉が流行った
「もの言う株主」とか
「株主の待遇をもっと手厚く」とか
「企業の内部留保をもっと株主に配当するべき」とか
「配当性向を高くするのが企業のつとめ」とか

つまりは内部留保を少なくし、「キャッシュマシーン」に徹するべきだという姿勢が多く、
『余分な現金は持つべきではない』と

今はどうだろう?

余分な現金というのはリスクに対して、備える金である
どこかがパンクして資金繰りに孔が空いても、埋め合わせるだけの資金があれば、
安定した企業活動ができる。
そういう意味では内部留保は今、必要なのだろう。

借金を良しとしない風潮もあり
日本の企業は内部留保が多く、効率的ではないと思われていたが。

しかしながら、今、こうしてみると
過剰流動性に頼ってきた一面がある企業は、
血液が滞ってしまい、あちこちが壊死してきているのではなかろうか?

今の時代、効率化を求め、壊死する前に、余分なものを吐き出している企業に、
皆はどういうかと言うと

「会社は社会の公器であるからして、リストラは行うべきではない」

人というのは勝手な生き物である。

時代の潮流の中にあっては、皆が同じ景色を見る
そして同じもの見たような気になり、同じと感じるようになる。
しかしそれが流れが変わった途端に違うと判別できるようになる。
流れに流されず、確固たる意志を持ちたい。
「疎に於いて密を想い、密に於いて疎を想う」
| 反庵 | 17:52 | comments(0) | - |
トップページ有料化???

10月31日 SOFTBANKモバイルが「YAHOO!ケータイ」トップページを有料化すると発表
12月3日  撤回

今まで無料で使えてたものが急に有料になる

しかもトップページを有料にするというのは前代未聞だと思う
いわゆる「ポータルサイト」としての役目を為さないということになる。

誰でも知っているようにポータルサイトは基本的に広告宣伝費で賄っており、
情報を取りたいユーザーというか、会社側からすれば、むしろ情報を与えたいユーザーから
お金を取るのだから、反発は免れないし、ユーザー数の減少は免れないというものだ。

何よりも「低価格路線」「携帯各社は利益を上げ過ぎ」と発言していたSOFTBANK社長の標榜する経営理念とは
180度方向違いであることは火を見るより明らかである。

こんな発表を許してしまうのは何故でしょう?
















































よ〜く思い出しましょう

SOFTBANKがVODAPHONEを買収した時の事を
そうLBOをかけたんでしたね
レバレッジバイアウト、おもいっくそ借金して、先の収入を当てにして買っちゃったと
ええぇ〜そんなことしてたの〜とお思いのあなた、あなたも家買うとき、言わばLBOしてるんですよ(笑)

つうか、何か連想しません???

レバレッジ → 借金、クレジット → 先の収入を見込んだ持家 → サブプライム → ・・・・・・・

あらぁ これってヤバくない?(若者風に平易に読む、文末は上げて)

確か、社長が中期発表する前に、VODAPHONの借金を返す金を、ただ返しちゃうのは勿体ないから、メザニン債に突っ込んだんだけど、失敗して、750億焦げ付き出るかも〜
ってこないだ言ってましたよね

しかも、2010年からLBOの「ゆとりローン」の返済が本格的に始まるとか

しかも、契約者の純増数で貸し手から条件つけられてます。
今までは白いワンコで契約者数を伸ばしてきましたが、IPHONEであまり伸びない状況に陥り、不況下へ入って行くわけですから、機能で売るより、またまた安値で勝負になります。
これでは契約者数は増えても「やだぁ〜 お金返せなぃ〜」ってな状況になってしまうわけです。

そ〜んなことを考えると、税金でも何でも同じですが

【取りやすいところから取る】

というのが悲しいかな常套手段でして
トップページから取れば、1パケット0.084円でも、かなりの金額が入ってくるのでしょう

散々「安いでぇ〜」と契約者数を伸ばしておいて、突然「いやぁ 金足りないので、自動回収です」
ってな具合ですから台所事情も分かるってなもんです。

あなたは、それでもソフトバンクと契約します?

参考HP:
「Yahoo!ケータイのトップページ、通信料課金へ 」(ケータイWATCH)「ソフトバンク、Yahoo!ケータイトップページの有料化を撤回」 (ケータイWATCH)「ソフトバンクが必死な理由は「財務制限条項」にあった」「「Yahoo!ケータイ」トップページについて」
| 反庵 | 12:30 | comments(0) | - |
投資銀行って?
投資銀行って?
世間を大いに賑わせていますが、全くピンとこないので、ちょっと調べて以下に備忘録

1 ゴールドマンサックス
2 メリルリンチ
3 モルガンスタンレー
4 リーマンブラザーズ
5 ベアスターンズ

アメリカと日本では過去、商業銀行は預金者保護の観点から
リスクの高い証券業務が出来ないようにしており、証券業務を拡大させたものが投資銀行。

証券会社は野村證券などからもわかるように
株の取引の仲介などを主業務とするが
投資銀行は債権などを銀行に担保に差し出し、資金を調達、
後に売却時よりも高値で買い戻す。
それがいわゆる貸し出し金利となる。

仕事内容としては

・IPOなどのアレンジ
・株取引の仲介
・格付けの低く高利回りのジャンク債の引き受け
・資産担保証券(CDO)の提案、引き受け
・M&Aなどのアレンジなど
・不動産や株式などの自己資金での投資

・ソフトバンクがボーダフォン買収のときに使ったLBOの時に調達資金供給のためにアレンジされたCDO ← みずほフィナンシャルGがアレンジ

・ライブドアがニッポン放送買収時の資金調達に使ったMSCBの引き受け(実際には株の借受もしていた) ← リーマンが引き受け&売ってくれる株主調達?

ちなみに欧州では商業銀行と投資銀行が分かれていない

さて、今回問題となっているのはCDOです。
住宅ローン債権の証券化をやりすぎて破綻したと各記事を読み込みましたが如何でしょう?

リーマンはリスクをとってサブプライムの証券化に励み、客に売ってきたのだが、
本来すべて客に売って、投資銀行の手元に残らないはずの証券が
市場の貸出金利が安い中で、投資銀行自体が証券化した中でも良い部分であるが金利が安いシニア債を持っていることが多くなり
(債権を優劣で分割する:シニア債(良い部分)、メザニン債(中間部)、ジュニア債(悪い部分))
そのリスクの一部はAIGなどのよるCDS(クレディット・デフォルト・スワップ:信用が不履行になったときに発揮される保障)で賄ってきた
そのデフォルト(不履行)リスクが高まった今、CDSは「時限爆弾」と呼ばれている。

以上は雑誌、ネットで調べ、自分なりに噛み砕いた事項であり、私自体は工場の人間なので金融工学については無知です(笑)
それにともない、以上の内容には間違いがある可能性が大いにあります。(笑)
| 反庵 | 22:46 | comments(0) | - |
クリシン最終日にあたって

本日これからクリティカル・シンキングの最終受講日です。

レポートは「ピープル・エクスプレス航空:興隆と衰退」について

今まで5回かけて習ってきた事をすべて使って、アクションプランを作成するというもの

論理的に、分解して、解釈して、原因を追究して・・・・ETC

考えに考えに考えて疲れ果てましたが、時間切れで考え抜けませんでした。

会社の定時と共にレポートの続きを始めて、家で寝たのは3時
今朝6時起床です〜
眠い〜って連休、結構遊んでしまいましたから・・・

さてレポートをうんうん考えながら、考えてましたが(笑)
自分の頭は、何て思考に弱いんだと認識しました・・・・
受験のときのように、ケースを探し出し、ケースに倣って手を打つ訳ではないので、
それこそ考え抜かないと自分が満足する結果は得られません。
そういう意味では新鮮で面白い体験でした。

いやはや、期限が迫ったレポートってのは、
8月31日に全くできていない『夏休みの自由研究』
経営に行き詰まり、明日打つ手を発表しなければならない『経営者』
みたいだなぁと考えると、ホッとしたりもしたりして(笑)

そして、前も言いましたが
クリシンの最終レポートって結構、企業のバリュエーションに有効だなぁと思います。

企業価値を知る上で、未来のフリーキャッシュフローが現在価値に落とし込まれるわけですが
企業経営者になったつもりで、その会社のデータを集め、その会社のことを知り、分析して、
原因を突き止め、何故悪いのかを考え、打つ手を考えることで、
初めて、その会社のやろうとしていることが見えて、その先のフリーキャッシュフローが見えるのだと思います
『考具』ではありませんが、自分のものにしておけば非常に効率的だと思います。

もちろん自分の仕事にも「論理的に考える」ということで、かなり有効ですよ(笑)


さてさて、
今日も楽しく思考を打ちのめされてきますか(笑)
| 反庵 | 17:48 | comments(0) | - |
勉強の環境における考察
出張帰りであります

早々に大阪着であります


クリシンの宿題がぁ〜

ということで家ではナカナカ落ち着いて宿題なぞ出来ませんので、

【ねっと かふぇ】

とか言う所にジックリ腰をおしつけて、否、落着けて『レポート作成』であります。

ナカナカ静かで良い環境です
何より個室なのが良い
と言っても肩まで位のパーティションで、広さも1.5畳ぐらいですが・・
もちろん私が腰を落着けるには必須の「コンセント」もありますので良いのです

しかし何ですなぁ
飲み物呑み放題だし、冷暖房は効いてるし、静かだし、漫画もテレビもネットもあるちゅうんだから
こらチョットした自分の部屋ですな



いや〜〜 

漫画読むには良い環境だわ〜〜〜〜



え?何??(笑)
| 反庵 | 19:24 | comments(6) | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

真っ当な株式投資
真っ当な株式投資 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛

Recommend

Recommend

Recommend

富の独裁者
富の独裁者 (JUGEMレビュー »)
エイミー・チュア

Recommend

Recommend

ジョグノート

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode